【J1採点&寸評】C大阪1-1横浜|MOMは柿谷!“ニュー・マリノス”で輝いたのは…

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2018年02月25日

C大阪――M・ヨニッチの健闘ぶりが光るも…。

【警告】C大阪=丸橋、山口 横浜=なし
【退場】C大阪=なし 横浜=なし
【MAN OF THE MATCH】柿谷曜一朗(C大阪)

画像を見る

[J1リーグ第1節]C大阪1-1横浜/2月25日/ヤンマースタジアム長居
 
【チーム採点・寸評】
C大阪 5.5
前半は細かいパスミスを繰り返して自らリズムを崩したが、後半は徐々に修正。ソウザの投入を機に息を吹き返したように攻勢を強め、ギリギリで勝点1を拾った。

C大阪|採点・寸評】
GK
21 キム・ジンヒョン 5.5
36分のFKを阻止したプレーは見事だったが、山中の強烈なシュートは止められず。先制点を与えてしまったのは痛恨だった。

DF
2 松田 陸 5.5
回数は少なかったものの、相手のマークを外しながらタイミング良く攻撃参加。77分の強烈なミドルシュートはGKに弾かれた。
 
14 丸橋祐介 5
遠藤の多彩な仕掛けについていけず、度々ピンチを迎えた。攻撃面でも迫力のあるオーバーラップは少なかった。本来の能力を考えれば、厳しい評価にせざるを得ない。

15 木本恭生 5(76分OUT)
身体を張って相手のシュートに食らいついていた一方で、相手のプレッシングに焦り、ビルドアップ時には冷静さを欠いていた。

22 マテイ・ヨニッチ 6
粘りのあるチェックと冷静なカバーリングが光った。最終ラインで大きな存在感を放ち、相手の攻撃をけん制した。

MF
6 山口 蛍 5.5
相手のプレッシングの影響を受けたのか、らしくないパスミスを連発。出足の素早い寄せも簡単にはがされ、バイタルエリアを使われるシーンも。
 
7 水沼宏太 5.5(76分OUT)
ボールが相手に渡ると、いち早く切り替えて帰陣していたのは好印象。ただ自慢のセンタリングは得点につながらず、クロッサーとしての働きはイマイチだった。


17 福満隆貴 5.5(89分OUT)
J1初先発を飾る。広範囲を走り回りパスを呼び込んだものの、ボールを持ってからの判断が遅れ気味。味方との連係が合わずに、攻撃の流れを切る場面が見られた。

24 山村和也 5.5
スタートはボランチで、終盤はCBの位置でプレーした。ただ、試合を通して無難な選択に終始。評価も可もなく不可もなくといったところ。
【関連記事】
「柿谷君の方が前に…」「俺は絶対ない」幻の先制弾に柿谷と副審で一悶着!?
天皇杯決勝の再戦はドロー決着! 柿谷の同点弾でC大阪が終了間際に追いつく
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?
【横浜】堅守から『アタッキング』へ――軸となる天野純は“あの時”の借りを返せるか
【本田泰人のJ1順位予想】内田復帰の鹿島が本命!対抗は勢いのあるC大阪か

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ