天皇杯決勝の再戦はドロー決着! 柿谷の同点弾でC大阪が終了間際に追いつく

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年02月25日

クリアミスを逃さず柿谷が同点弾。

柿谷の今季初ゴールでC大阪が同点に持ち込んだ。写真:川本 学

画像を見る

 J1リーグは2月25日、各地で1節の4試合を開催。ヤンマースタジアム長居では、セレッソ大阪対横浜F・マリノスの一戦が行なわれた。

 元日の天皇杯決勝と同一カードの試合は、序盤から横浜がボールを支配する展開。ポステコグルー新監督の下、ポゼッションをベースに相手守備を揺さぶる横浜に対し、C大阪は中盤の攻防でやや後手に回る展開となった。

 そして先手を奪ったのは横浜。17分、右サイドから遠藤渓太が中央へ切れ込み、山中亮輔にラストパス。これを山中がダイレクトで左足を一閃。鋭いグラウンダーのミドルシュートが、ネットに突き刺さった。横浜が敵地で1点をリードする。

 先制されたC大阪も直後に山口蛍がGK飯倉大樹との1対1を迎えるなどチャンスを作るが活かせない。前半は横浜が1-0とリードして終了した。

 後半に入ると、攻撃のテンポを上げたC大阪がチャンスを量産。横浜のハイラインの裏を突いた攻撃で、柿谷曜一朗や杉本健勇らが決定機を作り出すが、ゴールネットを揺らせない。

 しかし86分、敵陣に押し込んだC大阪は、中澤佑二のクリアミスを拾った柿谷が今度は逃さず、GK飯倉に当てながらもゴールに押し込んだ。C大阪がついに同点とする。

 結局、試合は1-1のままタイムアップ。天皇杯決勝の再戦は、ともに勝点1ずつを得る結果となった。
【関連記事】
【松木安太郎のJ1順位予想】主力健在のC大阪、安定感のある磐田も上位に食い込みそう。一方で広島は…
【清水秀彦のJ1順位予想】優勝争いはC大阪、浦和、鹿島、川崎。ただ、川崎は大型補強でバランスを崩す恐れも
【本田泰人のJ1順位予想】内田復帰の鹿島が本命!対抗は勢いのあるC大阪か
【岩本輝雄のJ1順位予想】タレント揃いの柏が今季こそ優勝!有能助っ人がいる名古屋も注目だ
【三浦俊也のJ1順位予想】実力者ふたりを加えた川崎は盤石。不安要素の多い横浜は降格もあり得る

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ