【追悼】名優・大杉漣さんが語ってくれた「深すぎるフットボール愛」

カテゴリ:特集

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年02月22日

サッカーの話だったらいくらでもしますよ!

2002年3月、生田スタジオの楽屋で。サッカーとの出会いからその嗜好、価値観に至るまで、おもしろおかしく話を聞かせてくれた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2月21日、ひとりの名優がこの世を去った。名バイプレーヤーとして老若男女を問わず人気を博した大杉漣さん。享年66。その早すぎる突然の訃報に、日本中が悲しみに包まれた。
 
 一度だけ、取材をさせていただいたことがある。いまから16年前、2002年の春先だ。目前に迫った日韓共催ワールドカップを盛り上げようと、さまざまな分野で活躍している文化人・著名人の方に登場を願い、フットボール愛を存分に語ってもらう連載を立ち上げた。高橋陽一先生や日比野克彦さん、内田恭子さんなど自分が話を聞きたい方々をリストアップ。そのなかの俳優代表が、すでにサッカー通として知られていた大杉さんだった。
 
 とはいえそこはかなりの売れっ子。取材申請しても、最初は事務所に断られた。ところが数日経ってから、「サッカーの話だったらいくらでもしますよ!」と言っていただいたらしく、急きょ取材できることになった。ドラマの撮影場所である生田スタジオの楽屋を訪問。煙草をくゆらせながら、テレビや映画で受けた印象そのまんまの大杉さんが、笑顔で迎えてくれた。饒舌で、底抜けに明るく、ユーモアのセンスが抜群。あっという間に大杉ワールドに引き込まれた。
 
 ノンストップでたっぷり1時間近く話を聞かせてもらった。そして、最後の決め撮りの段。用意してきた日本代表ユニホームに着替えてもらえないかとダメ元で尋ねると、「ぜんぜんいいですよ。言ってくれれば自分のを持ってきたのに。ちゃんと10番が入ってるやつを」と言い、ニッコリ笑った。
 
 今回は、週刊サッカーダイジェスト『僕と私のワールドカップ』に掲載された大杉さんのインタビューを、当時のままの一問一答で、みなさんにお届けしたい。16年の歳月が流れたが、当時の大杉さんの言葉は時空を超え、ずしりと心に響いてくる。シンプルで、ピュア。恥ずかしげもなくサッカーはするのも観るのも大好きだと豪語する。清々しい気持ちにさせてくれるのだ。
 
 大杉さん、これからもJリーグ、日本代表、そして日本サッカーを温かく見守ってください。心より、ご冥福をお祈りいたします。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ