25秒間で何回リフティングできる? 川崎・家長昭博が叩き出した回数は驚愕の…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年02月08日

大久保、倉田、初瀬の新旧代表トリオも及ばず

Jリーグ公式ツイッター上で極上のテクニックを披露した家長。コンディションの良さを窺わせる。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグの公式ツイッターでファン必見の企画がスタートした。
 
 今季で25周年を迎える日本最高峰のプロリーグ。それにちなんで、各Jクラブの名手たちが「25秒間」のリフティングにチャレンジしているのだ。規定時間内に誰がもっとも多くボールを突けるのか。まずは川崎フロンターレとガンバ大阪の選手たちが挑戦した。
 
 トップバッターで登場したのが、川崎に“出戻った”ストライカー、大久保嘉人だ。「目標は50回です」と言いながらいきなり76回の好スコアを叩き出した。だがその直後に投稿された僚友、家長昭博のリフティングがまさに超絶。「目標は40回くらいです」と自信なさげにスタートしながら、自慢の左足で高速リフトを続けて積み上げた数値は──。驚愕の98回! さすがに普段はクールな家長も会心のガッツポーズを見せた。
 
 この数字がどれだけ凄いのかは、続くG大阪の日本代表コンビのチャレンジで明らかとなる。ともに家長の記録を塗り替えるべく果敢に挑んだが、倉田秋が84回で、初瀬亮が86回。初瀬は「95回(正しくは98回)もどうやってすんの?」と目を丸くしていた。
 
 はたしてJ1王者が誇るレフティーの記録を抜く強者は現われるのか? 今後の人選と結果に注目したい。
【関連記事】
J1王者・川崎がACL王者相手に135分で計6発! 浦和は1本目を制するも…
新指揮官レヴィー・クルピを緊急直撃!「ガンバ大阪は本当に生まれ変われるのか?」
【川崎】大卒新人の守田が現時点のベストメンバー入り&TM2戦連発でアピール!!
クルピも、日本代表MFも認めるセンス! ガンバ新戦術導入のキーマンは矢島慎也だ!!
遠藤保仁も心躍らす新スタイル!『クルピ×ヤット』の化学反応でガンバに何が起こる?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ