あのGKヘッド弾も… 数々の名シーンを演出した石川竜也がコーチ転身を決めた理由

カテゴリ:Jリーグ

頼野亜唯子

2018年01月16日

黄金世代のひとりがまたピッチを去ることに。

クラブのキックオフイベントで挨拶する石川。「試合で活躍できる選手を育てていきたい」とコメント。写真●頼野亜唯子

画像を見る

 昨年11月、2017シーズン最終節を前に「石川竜也選手契約満了のお知らせ」というモンテディオ山形のリリースを目にした時の率直な感想は「やはり無理なのか」というものだった。それは、石川自身に現役続行の力が残っていないという意味での「無理」ではない。確かに2016年は怪我の影響で出場機会を減らしていたし、木山監督に代わった昨年はリーグ6試合の出場に止まった。それでも、サイドバックから3バックの一角へと主戦場を移し、最後尾からのフィードやコーチング、戦術眼には石川ならではのものがあった。

 
 何より、石川の代名詞であり、山形のクラブの歴史を変えたと言っても過言ではない左足のキックは未だ健在なのである。練習から手を抜かずサッカーに全力を注ぐ石川が、チームの若い選手たちに与えた影響は計り知れない。たとえプレー時間は減っても、例えば札幌で小野伸二や稲本潤一が必要とされているように、石川が現役選手としてこのチームにいる意味は、価値は、まだあると思っていた。
 
 しかし一方で、出場機会が減っているベテランを周囲への影響力という数字にできない評価込みで保有するには、ある程度の財政的余裕が必要だ。山形というクラブにその体力があるかと言えば難しいだろうとも感じていた。だから、「やはり無理なのか」と、ため息が漏れたのである。
 
 もちろんクラブとしても石川の存在意義は十分に分かっていて、だからこそトップチームコーチ就任のオファーを出した。昨季終了時点では「まずは現役続行の道を探りたい」としていた石川は、オフの間にいくつかのクラブと接触したようだが、1月10日、現役引退とトップチームコーチ就任が発表された。
 
 1979年生まれの38歳。黄金世代のひとりが、またピッチを去ることになった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ