監督に最後の花道を――名古屋U-18、涙のプレミア復帰の舞台裏

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2017年12月18日

合言葉は1年でのプレミアリーグ復帰。参入戦まで勝ち進んだが...。

最後に胴上げされ、選手たちと喜びを分かち合う髙田監督。9年間にも及んだ名古屋での生活に別れを告げた。写真・安藤隆人

画像を見る

 髙田哲也監督とともに有終の美を飾りたい。そして、U-18高円宮杯プレミアリーグに1年で復帰したい。名古屋グランパスU-18はプレミアリーグ参入戦に並々ならぬ決意とモチベーションを持って臨んだ。


 昨年、名古屋はプレミアリーグWESTで低迷。奇しくもトップチームもJ1残留を果たせず、”ダブル降格”という結果に終わった。1年で昇格――。今年はトップチームと同じ目標を掲げ、名古屋U-18はプリンスリーグの戦いに臨んだ。

 U-17日本代表のDF菅原由勢をはじめ、FWマツオカ・ジョナタン、MF萩野滉大、成瀬竣平、DF藤井陽也、GK久島隆維など2年生が台頭し、FW金亮哉、MF杉田将宏ら3年生は強い責任感で目の前の試合に臨んだ。すべては1年で昇格するために――。チームは試合を重ねるごとに逞しさを増していった。

 そして、プリンス東海を制し、プレミア参入戦進出を決めた後だった。U-15時代を含めると9年間、チームの指揮を執ってきた髙田監督(アカデミーダイレクター兼任)が今シーズンを持って退任となり、名古屋を去ることが決まった。

 髙田監督は2011年から一昨年までU18を率い、プレミアリーグ発足時からトップレベルのリーグで戦い続ける名古屋を支えてきた。昨年は育成組織全体を見るアカデミーダイレクターに就任したことで1年間監督を外れたが、チームはプリンスリーグに降格。それを受け、今年からアカデミーダイレクター兼任という形で監督に復帰をしていた。そして、1年での昇格に向けてチームをプリンス東海王者に導き、「さあこれからが本番」という矢先の宣告だった。

「プリンス最終戦の直後のミーティングで哲さんから(退任を)伝えられ、それまでは試合に勝った後でちょっとしたお祭りムードだったのですが、一気にシーンとなりました。そこからみんなが『プレミア昇格で送り出そう』と期するようになりました」(杉田)

「1年間、このプレミア参入戦2試合のためにやって来たと言っても過言ではなかった。髙田監督には高い集中力でプレーするなかでも、楽しさや柔軟性を持つということを教えてもらった。プレミアに昇格したいという気持ちプラス、髙田監督を始め、退任するスタッフの人たちへの想いに応えたかった。すべてを僕らの力にしようと思った」(菅原)

 選手たちは口々に髙田監督などへの想いを口にし、チームの主軸を成す2、3年生のプレミア参入戦に懸ける思いは一気に強くなった。

【高円宮杯チャンピオンシップPHOTO】FC東京U-18が逆転で神戸U-18を破り初優勝を飾る
【関連記事】
【高円宮杯】初優勝を飾ったFC東京U-18。佐藤一樹監督がハーフタイムに施したある処方箋
【プレミア参入戦】流経大柏と名古屋が1年で復帰!富山一は14年以来、磐田は初昇格決定!
【高円宮杯CS速報】0-2からの大逆転劇でFC東京U-18が初優勝!
G大阪に前橋育英・松田陸、ユースの白井陽斗と芝本蓮が加入内定!【J新卒内定選手一覧】
いきなり欧州挑戦も!? Jスカウトが争奪戦を繰り広げるU-17日本代表の大器

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ