いきなり欧州挑戦も!? Jスカウトが争奪戦を繰り広げるU-17日本代表の大器

カテゴリ:高校・ユース・その他

川端暁彦

2017年05月16日

彼もまた、今季高校サッカーの目玉。

国内外でプロクラブがその動向を注視する大垣。じつにスケールの大きなストライカーだ。写真:川端暁彦

画像を見る

 今季高校サッカーの目玉選手は誰か。なかなか粒揃いだ。
 
 年代別日本代表の常連であるFW安藤瑞季(長崎総科大附)、中村駿太(青森山田)、DF阿部海大(東福岡)といった全国大会常連校の選手たちの名前が挙がる一方で、全国未経験ながらJスカウト陣の注目を集める選手も少なくない。今回はそのなかのひとり、大阪の新鋭・興國のU-17日本代表FW、大垣勇樹を紹介しよう。
 
 関西を代表するアタッカーには、すでにJリーグの複数クラブから練習参加の打診が殺到しており、無念の敗退となったインターハイ・大阪府予選でも、試合後にとあるクラブから新たなオファーが届いていたほどだ。
 
 類稀なセンスに加えて独特の野性味があり、単に目前の相手を抜き去るだけでなく、ゴールを視野に入れながらプレーできるドリブラーとして、高い評価を集めている。3年間の成長を見守ってきた内野智章監督は、現状の大垣をこう分析する。
 
「決定力も上がったし、ドリブルの仕方を工夫したり、ランニングの仕方を意識したことでスピードも上がった。マークを外す動きも良くなり、まだまだ『足りない』と言われがちだけれど、ちょっとだけ走れるようにもなったと思う」
 
 大垣本人も「プロに行きたい」「プロになる近道だと思って興國を選んだ」と、高卒即プロ入りへの意欲を隠さない。ただ、その「プロ」が「Jリーグ」を意味するかと言えば、必ずしもそうではないようだ。
【関連記事】
【高円宮杯】凄まじい破壊力! 清水ユースが誇るスーパーカルテット
久保建英は、具体的に何が凄いのか? 今さら聞けない逸材の真価とは
高校選抜はなぜJ選抜を圧倒できたのか?知られざる舞台裏の“変革”に迫る
浦和ユースの10番を背負う逸材、シマブクカズヨシ「18歳になったら決断しなきゃいけない」
2017高校サッカー界の目玉、安藤瑞季が見せた真骨頂「スペインの選手も露骨に嫌がっていた」
【高円宮杯】中村駿太が明かした電撃移籍の真相。「このままじゃトップに上がれない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ