金田喜稔がブラジル戦を斬る!「“本気のブラジル”と戦えなかったのが残念で仕方がない」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2017年11月11日

「日本の選手は疲労度が濃くなり、ブラジルに好き放題やらせてしまった」

前半だけで3失点……。強豪ブラジル相手に、日本は文字通り完敗を喫した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[親善試合]日本1-3ブラジル/11月10日/リール(フランス)

 この試合を総括するにあたり、一番悔やまれるのが開始10分にブラジルにPKを与えてしまったことだ。

 その結果、日本は試合序盤から大きなダメージを被った。滅多にないブラジルとの腕試しとあってイーブンな状況でしっかり戦ってほしかったが、失点を重ねるたびに日本の選手は疲労度が濃くなり、ブラジルに好き放題にやらせてしまった。

 実力の差と言えばそれまでかもしれない。でも、しぶとく耐えて前半をスコアレスで折り返せていたなら、もっと“本気のブラジル”とマッチアップできた可能性もある。

 3点もリードしていれば、どのチームだって若干は気が抜けるものだ。だから、後半に日本がある程度戦えていたとしても正当な評価を下し難い。来年のワールドカップまで限られた強化試合のひとつ、しかも、強豪国との対戦だったから、本当に惜しまれるばかりだ。

 内容については完敗と言うしかない。個々の技術、試合運びの上手さを見ても、はるかにレベルが高かったのは誰の目から見ても明らかだった。前半に関しては、吉田のFKがポストを叩いた場面以外、チャンスらしい形はなかった。俗に言う「サッカーをさせてもらえなかった」といったところだろう。

 ただ、後半に持ち直したところはポジティブに捉えてもいい。3点リードしたブラジルの士気が落ちたところも差し引くべきだが、前線から積極的にプレスを仕掛けて、そこからセカンドディフェンス、サードディフェンスがハマったあたりは、次のベルギー戦にも生かせそうだ。

 一方の攻撃では、前線の右サイドに浅野が入ってからは、いくらかリズムが出ていた。それは、隙あらば縦に仕掛けて、シュートも放った浅野の積極性があったからに他ならない。局面を打開するにはこうしたプレーが不可欠だというのを、身を持って体現してくれたと思う。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ