「日本は良きテストパートナーだった」ブラジル・メディアがハリルジャパンに一定の評価

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年11月10日

後半のブラジル代表は「フレッシュさに欠けた」

ブラジルがペースダウンしたとはいえ、後半の日本は槙野(写真)が1点を返すなど意地を見せた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 フランスのリールで開催された日本代表vsブラジル代表の一戦は、序盤に2点のリードを奪った後者が終始優位にゲームを進め、3-1の快勝を飾った。
 
 ブラジル最大のメディアネットワーク『GLOBO』は公式サイトで日本戦を速報。「ブラジルにとっては良いテストになっただろう。日本は良きパートナーになってくれた」と記し、以下のような戦評を掲載した。
 
「立ち上がりからペースを掴んだのはブラジルで、ネイマールとウィリアンを軸に攻勢を仕掛けた。幸運にもVAR判定によるPKでネイマールが対日本戦8点目となる先制点を挙げ、続けざまの2度目のPKは阻止されたが、直後にマルセロが爆発的なショットをなんと右足で蹴り込んだ。その後も落ち着いたパス回しで主導権を握っていた35分、流れるようなパス回しから右サイドを崩し、ダニーロが完璧なクロス。ガブリエウ・ジェズスが難なく押し込んで3-1とした。日本の吉田にFKからバーを叩かれるなど、何度かセットプレーや鋭いカウンターに手こずったものの、3-0で前半を折り返した」
 
 後半頭からブラジルは大量リードもあってGKを交代。カッシオに初キャップを刻ませた。
 
「カッシオに続けて、ふたりの選手をテストするブラジル。62分、日本にCKから槙野に決められて1点を返される。ジェメルソンがマッチアップで防げなかった。後半の日本で目立っていたのは久保に代わって送り込まれた右サイドの浅野。日本はそこを起点に盛り返した。一方のブラジルはフレッシュさに欠け、なかなかシュートまで持ち込めなかった。その後ネイマールが交代するなど両チームともサブメンバーを多く起用したが、見せ場は少なくブラジルの3-1で試合が終了。日本後半に守備を立て直し、互角以上の内容でブラジルに対峙した」
 
 前半の低調な出来から一転、試合を膠着させたハリルジャパンの戦いぶりに一定の評価を与えた。
 
 来週火曜日、ブラジルはロンドンでイングランドと、日本はブルージュでベルギーとそれぞれテストマッチを戦う。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ