「ブラジルが日本を軽くひとひねり」と仏の老舗サッカー専門誌はバッサリ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年11月11日

「ブラジルの攻勢を後押ししたのはVAR」とも

吉田(22番)を軸とする日本守備陣が崩壊。後半に盛り返すも、1-3の完敗を喫した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 フランスの老舗サッカー専門誌『France Football』がリールで行なわれた日本代表対ブラジル戦をレポート。「ブラジルが日本を軽くひとひねり」と銘打ち、マッチサマリーを掲載した。
 
「ネイマールとその仲間たちが、日本を3-1で一蹴。とりわけ前半のパフォーマンスは圧倒的で、危なげなく勝利を飾った。その攻勢を後押ししたのが、開始10分のVAR判定だ。(フランス人主審の)ブノワ・バスティアンは普段慣れていないせいか、少し驚いた表情でVAR担当のところへ駆け寄り、あっさりと吉田の(フェルナンジーニョに対する)ファウルを認めたのだ。個の技術の差で日本を圧倒したブラジルは前半だけで3点のリードを奪い、試合を落ち着かせた」
 
 日本は後半に人海戦術で盛り返し、63分に槙野智章のヘッドで1点を返す。同誌は「マキノがジェメルソンを空中戦で凌駕して1ゴール。日本は攻勢を仕掛ける時間帯こそあったが決め手を欠き、終わってみれば完敗」とし、「セレソン(ブラジル代表の呼称)に力の差を見せつけられた」と評した。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ