【柏】伊東純也&小池龍太に訪れた試練。レイソルの右サイドは強まる警戒網を破れるか

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2017年10月01日

伊東は甲府の包囲網に絡めとられた。

右サイドハーフで不動の地位を築く伊東。柏の攻撃に欠かせない“切り込み隊長”だが、甲府戦では敵の対策に遭った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ28節]柏0-1甲府/9月30日(土)/日立柏サッカー場
 
 リーグ3位につける柏が、残留を争う16位の甲府に0-1でまさかの敗戦を喫した。

 
 敗因のひとつは、サイドアタックがうまく機能しなかったことだ。特にこれまで柏の攻撃を牽引してきた伊東純也と小池龍太の右サイドはこの日、いつものスピード溢れる突破が鳴りを潜め、甲府の守備陣を崩すに至らなかった。クロスにしても、余裕がなく無理やり放っていたようで、精度を欠いていた。
 
「後半はサイドからクロスを何本も上げたけど、決定的なチャンスにはならなかった。さらにCBを1枚自分についてこさせて、中央のディフェンスを薄くするというのは意識したんですけど、それもうまくいかなかったですね。コンビネーションもなかなか出せなかったし、崩し切れなかった印象です」
 
 こう振り返る伊東の言葉が、甲府戦の出来を端的に表している。
 
 この日の甲府は、柏のサイド攻撃に対して徹底した対策をとってきた。3バックの中央で先発した新井涼平は「J・I(ジェイ・アイ/伊東純也)への対応は(松橋)優さんに負担してもらって、3バックがなるべく釣り出されないようにやろうと(話していた)。たとえ釣り出されても、優さんかシマ(島川俊郎)がそのスペースを埋めることを徹底していたのが大きく崩れなかった要因。さらにクロスに対しても、深い位置まで運ばせて、無理な体勢にさせて蹴るコースを限定させることを意識していた」と、その守備戦術を明かした。
 
 伊東はこの包囲網に絡めとられた。ウイングの松橋を突破しても、すぐさま3バックの一角であるエデル・リマに対応される。それもE・リマは無理に飛び込んで来ないスタンスをとっていたため、伊東のスピードを殺され突破する回数は限られた。“柏の切り込み隊長”は、甲府の術中にはまってしまっていたのだ。
 
 また、いつもなら後方からサポートするはずの小池も、「龍太と伊東純也の右サイドは怖さがありました」と警戒を強めていた島川や小椋祥平ら運動量豊富な相手の中盤に消されていた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ