【現地発】「ネイマール孤立」の舞台裏…なぜパリSGで味方がD・アウベスだけに?

カテゴリ:ワールド

エル・パイス紙

2017年09月30日

予想だにしなかったチームメイトの拒否反応。

今夏にパリSGへ史上最高額で移籍したネイマールだが、早くもチーム内で孤立し……。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 ネイマールが大きな希望を持ってパリに移り住んでから、約2か月が経過した。しかし、幸せな毎日を過ごしているかと言えば決してそうではなく、取り巻きの仲間たちと一緒に過ごす時間が唯一の気晴らしになっている。
 
 欧州サッカー界はここ数年、レアル・マドリーとバルセロナというスペイン勢が覇権を握る状況が続いている。パリSGはそうしたスペイン一強時代に歯止めをかけようとメガプロジェクトを立ち上げ、その最大の目玉として招かれたのがネイマールだった。
 
 しかし、勇躍乗り込んだ新天地で遭遇したのは、予想だにしなかったチームメイトによる激しい拒否反応だった。世間の注目を浴びたPK騒動でエディンソン・カバーニが見せたリアクションは、そのほんの一例に過ぎない。しかもネイマールにとって問題なのは、他のチームメイト、とりわけの重鎮組の多くも多かれ少なかれカバーニと同じ感情を抱いていることだ。
 
 選手間のこうした反発のそもそもの発端は、FFP(ファイナンシャル・フェアプレー)違反により2018-19シーズン以降、チャンピオンズ・リーグ(CL)出場権を剥奪される危険性を回避するために取ったナセル・アル・ケライフィ会長を筆頭としたクラブ幹部の拙い対応だった。
 
 収益と支出のバランスを徹底させるためにFFPを定めているUEFAは、パリSGがネイマールを獲得するためにバルセロナに支払った契約解除違約金の2億2200万ユーロ(約284億円)を問題視。パリSGは2016年度に5億5000万ユーロ(約704億円)の総収入を得ているが、それでも額が額だけに、本当に財政バランスが取れているのか財務管理組織に調査を依頼する。仮に違反していると判断された場合は、処分は罰金などの経済的なものに止まらないと警告を発した。
 
 UEFA本部の関係者によると、当初彼らはパリSGの爆買いに対し、CLのステータスを向上させる動きとして好印象を抱いていたという。しかし、バイエルン、レアル・マドリー、ユベントスといった老舗クラブから異議を唱える声が出始めると、風向きが一変した。UEFAの一連の動きはアル・ケライフィ会長にとっては脅威以外の何物でなく、下手をすれば数年間もヨーロッパ・カップ戦から締め出される危険に直面する格好となっている。
【関連記事】
「もうでっち上げはやめてくれ!」ネイマールがPKキッカー騒動で怒りをぶちまける!
【現地発】「MBAPPE」の正しい読み方。エムバぺ? ムバッペ? ンバぺ?
パリSGが世界最高給でジダン招聘を画策!「エメリはスターを扱いきれない」と現地メディア
ディバラが浮気疑惑は否定も、恋人とは「夏にアルゼンチンで別れた」
「モテ男」C・ロナウドがついに結婚か! 妊娠中のモデル彼女に2800万円の婚約指輪を送る?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ