【現役の眼】元日本代表MF、橋本英郎が解き明かす「流行する3-4-2-1の狙いと効きめ」

カテゴリ:特集

橋本英郎

2017年09月26日

J1にはあんまり多くないですが、J2だと一気に。

3-4-2-1など複数のシステムを併用している甲府。土曜日の横浜戦では横浜との撃ち合いを3-2で制した。写真:徳原隆元

画像を見る

 今回はフォーメーションについて書いてみようと思います。
 
 11人をフィールド全体にどのように配置して試合をするか。それを考えて組み立てるのがフォーメーションです。攻め方、守り方に大きく影響するものだと思います。
 
 フォーメーションは、その時代に応じて毎年のように変化していっています。あと、国やクラブによっては、年々変化していくフォーメーションの中でも不変な基準として用いられている場合もあります。オランダやスペイン、そしてクラブでは、鹿島アントラーズやレアル・マドリーなどです。
 
 そんな中で今回、ひとつのフォーメーションを中心に考えてみます。あくまで個人的な見解で、上手く説明し切れていない部分があるかもしれませんし、最新情報がアップデートされていない場合があるかもしれません。ご了承ください。
 
 現在Jリーグでは、「3-4-2-1」のフォーメーションを使っているチームが多く見受けられます。例えばJ1だと、ヴァンフォーレ甲府、(浦和レッズ、サンフレッチェ広島)。J2だと一気に増えて、大分トリニータ、ロアッソ熊本、V・ファーレン長崎、アビスパ福岡、愛媛FC、徳島ヴォルティス、ファジアーノ岡山、松本山雅、ザスパクサツ群馬、モンテディオ山形。ほかの形と併用しているクラブとしては、セレッソ大阪、ガンバ大阪、東京ヴェルディも活用しています。
 
 以前使用していたチームとしては、広島と浦和になりますね。なので、カッコ付けで表現させていただきました。
 
 J1にはあんまり多くないですが、一時期の結果として考えると、広島がリーグ連覇した際のフォーメーションであり、また、浦和の強さが際立つ時期もありました。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ