【現役の眼】元日本代表MF、橋本英郎が指南する「巧いボランチの見極め方」

カテゴリ:Jリーグ

橋本英郎

2017年07月19日

3つのゾーンごとで「巧さ」のポイントは違います。

今回からスタートした橋本英郎の連載コラム。選定眼と表現力に長けたボランチが、自身のサッカー観を惜しげもなく披露してくれる。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 はじめまして、東京ヴェルディの橋本英郎です。
 
 これから不定期ではありますが、『サッカーダイジェストWeb』のほうで連載をさせていただくことになりました。編集部の方には「好きに書いてください」と言われてまして、とくに連載タイトルはなく、テーマも毎回フリーです。文章はあまり得意ではありませんが、僕なりの言葉で、サッカー観を知ってもらえればと思います。よろしくお願いします。
 
 まず第1回ですが、僕の本職である「ボランチ」について書いてみたいと思います。
 
 スタジアムで観戦する際、みなさんはどんなふうに「良いボランチ」を見定めますか? これはあくまで個人的な見解なんですが、僕なりの見極め方をお伝えしたいと思います。
 
 サッカーではよく、グラウンドを3つのゾーンを分けて考えます。
 
 1つ目は、自分たちのゴールのエリア、点を取られないように守るゾーン。これを『ゾーン1』とします。
 
 2つ目が中盤エリア、真ん中のゾーンを指します。『ゾーン2』。
 
 で、3つ目が相手のゴール前。『ゾーン3』です。
 
 この各ゾーンにおいて、「これができれば巧いボランチ、頭を使っているボランチ」と言えるプレーがあります。それぞれのゾーンごとに分けて、説明したいと思います。
 
【関連記事】
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?
【G大阪】ガンバ最強助っ人はいったい誰? 遠藤保仁の回答が超意外だった
【黄金世代】第3回・小笠原満男「美しき東北人魂~これが俺の生きる道」(♯6)
【黄金世代】第1回・小野伸二「なぜ私たちはこのファンタジスタに魅了されるのか」(♯1)
【東京V】橋本&二川の名コンビが5年ぶりに復活!「あいかわらずあの落としは流石やなと」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ