【J1採点&寸評】大宮 2-2 G大阪|お互いにミスの目立つゲーム。MOMは日本代表でも輝いた…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2017年09月16日

大宮――相手の圧力に耐えきれず勝点2を失う痛恨。

【警告】大宮=なし G大阪=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】井手口陽介(G大阪)

画像を見る

[J1リーグ26節]大宮 2-2 G大阪/9月16日(土)/熊谷陸
 
【チーム採点・寸評】
大宮 5
ミスが多く、流れを手放した際のバタバタ感は相変わらず。攻撃ではボールを回しても相手守備ブロックの外で、脅威とは言えなかった。本調子ではないG大阪から逆転するもリードを守り切れず、勝点2を失ったのは痛恨だ。
 
【大宮|採点・寸評】
GK
1 加藤順大 6
DFに当たってシュートコースが変わった1失点目はノーチャンスだった。20分に大山のパスミスを帳消しにすると、直後にもビッグセーブ。76分にもシュートを弾き出した。
 
DF
19 奥井 諒 5.5(77分OUT)
アーリークロスなど攻勢時にはチャンスを創出したが、守勢に回ると対応に手一杯。プレー予測と判断が少し遅れ気味だった。
 
4 山越康平 5.5(78分OUT)
両足を攣ったことで78分に途中交代。必死に戦っていた証明であるものの、CBが途中でいなくなっては指揮官もプランを完遂できない。
 
2 菊地光将 5.5
リーダーとして守備の緩さを引き締められなかった。ただし、長身の長沢に対して幾度もあったエアバトルでは一歩も引かなかった。
 
22 和田拓也 5.5(68分OUT)
前半から強度の高い上下動を強いられ、後半に入ってから左足にトラブル発生。仕方ない面もあるが……。
 
MF
16 マテウス 6(80分OUT)
同点ゴールを奪った、ただ一点において及第点に。ボールを持ち過ぎるきらいもあり、エゴを必要以上に出すならば、今以上に違いを生む必要があるのでは。
 
17 横谷 繁 5
スペースに上手く入り込むものの、相手DFにコースを消されて仕事ができず。身体の強さを生かして中継点となれば機能しそうだが……。
 
15 大山啓輔 5.5
90分を通してゲームをコントロールしようと試みていたが、20分に不用意なパスミスも。それでもチーム1点目につながるクロスは素晴らしかった。
 
40 茨田陽生 5.5(65分OUT)
どこでボールを受け、どう展開したいのかという意図は理解できる。ただ、精度を欠いた。もっと急所を突くパスを出したい。
 
FW
7 江坂 任 5
ボールタッチ自体が少なく、ハイライトはなし。マテウスの足が完全に止まったことでサイドに回ると、5バックのような形で最終ラインに残り、“らしさ”を出せなかった。
【関連記事】
【J1展望】大宮×G大阪|吹田の再現か、リベンジか――停滞ムードを払拭するのは?
天皇杯・大宮戦へ「食ってやる」。J注目の筑波大3年生トリオが快進撃の裏側を語る
Jリーグが8月の月間MVPを発表!J1は金崎夢生、J2はG・シャビエルが受賞
井手口陽介のリーズ移籍はどうなる!? 地元紙が「労働許可証」の可能性に言及
リーズ地元紙から新事実! 井手口陽介を獲得すべく、イタリア人オーナーが来日していた!?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ