【なでしこの現状に迫る!|熊谷紗希×岩政大樹#1】欧州と日本の環境の差は?リヨンは「プライベートジェットで移動する時も」

カテゴリ:日本代表

岩政大樹

2017年09月13日

ヨーロッパのトップシーンで地位を確立した熊谷の見た景色は…。

女子サッカー選手とじっくり話す機会は初めてだったという岩政氏。なでしこジャパンのキャプテンとの対談は大いに盛り上がった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 サッカーの未来について考える。語る。
 対談連載の第4回は、熊谷紗希選手にお話を伺いました。
 
 女子サッカーの選手とは、これまでまったく接点がありませんでした。同じサッカーの世界で生きてはいるものの、挨拶をしたことがあるくらいで、話したことはまったくと言っていいほどありませんでした。
 
 世界のトップになかなか近づけない男子サッカーと違い、彼女たちは世界一も成し遂げました。違うフィールドであると自分を納得させる気持ちとともに、私はプロとして、少し羨ましく見ていました。
 
 今年に入り、新たな仕事をしているなかで、何人かの女子のサッカー選手とお話させていただく機会がありました。その方たちは素晴らしいキャリアを歩んでこられた方ばかりで、彼女たちと接した時に、なんだろう、とても”強さ”や”深遠さ”を感じ、印象に残ったのです。
 
 熊谷選手もそのひとりです。あまりに強い印象を抱いた私は、その場で、この対談のオファーをさせていただきました。
 
 熊谷選手はヨーロッパのトップクラブで長くプレーされています。それも守備的なポジションの選手として、ヨーロッパのトップシーンでしっかりと地位を確立されてきました。私には到底見ることのできなかった景色を見ているのでしょう。男子の代表選手ともまた違う、柔らかくも強烈なオーラを纏っていました。
 
 ここに至るまでの道のり、見てきた景色、そして見据える未来。
 
 伺ってみたい、様々な話題がすぐに浮かびます。私は話を聞き、少しだけ彼女になったつもりで、その景色を想像してみました。皆さんも、クラブでも代表でもトップを勝ち取れた所以を少しだけかじって、その味を想像してみてください。
 
―――◆―――◆―――◆―――
 
岩政大樹 このオフは忙しかったですか?
 
熊谷紗希 そうでもないですね。昼は筑波大でトレーニングし、夜は浦和レッズレディースの練習に参加していました。筑波大はすでに退学しているんですが、オフの時は研究室の先生にお世話になっています。
【関連記事】
FIFA発表のW杯予選スタッツで吉田麻也が、あの部門で世界1位に!
井手口陽介の獲得をリーズSDがポロリ!? 「アジアからのビッグなサプライズ移籍が…」
本田圭佑に辛辣批評!「先発起用は失敗だ」「存在が希薄」「ファンも罵声を浴びせた」
「注目の日本人MFは?」熟考した中村俊輔の答えは「シンジしかいない」
約2万人が沸いた!小野伸二と中村俊輔が「共演」した10分間の価値

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ