【J1採点&寸評】大宮×仙台|MOMは逆転勝ちの立役者となった背番号10で文句なし

カテゴリ:Jリーグ

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2017年05月14日

大宮――復帰した菊地が助っ人キラーぶりを発揮。

【警告】大宮=瀬川(75分) 仙台=クリスラン(47分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】大前元紀(大宮)

画像を見る

[J1リーグ・11節]大宮 2-1 仙台/5月14日(日)/NACK
 
【チーム採点・寸評】
大宮 6
細かなミスが散見され、攻撃は手詰まりとなるシーンが多かった。特に前半は開始早々の瀬川のシュートだけが見せ場に。後半は立て直して流れを掴み、逆転勝ちしたために及第点と評価したが……。
 
【大宮|採点・寸評】
GK
21 塩田仁史 6
サポーターの声援を背にPKを見事にストップしたが、弾いたボールをキッカーのクリスランに詰められてしまった。その後はしっかりとセーブし、最少失点で勝利を手繰り寄せる。
 
DF
13 渡部大輔 5.5
ダイナミックな駆け上がりは影を潜め、永戸とのマッチアップでは後手を踏んでいた印象。同サイドでコンビを組んだマテウスとの連係も今ひとつだった。
 
4 山越康平 6
22分にクリスランを倒して、痛恨のPK献上。先制を許す結果となった。それでも60分にCKから起死回生の同点弾を決め、また相手の攻撃を撥ね返していたことも評価した。
 
2 菊地光将 6.5
久々の出場。武器の高さと強さでクリスランを抑え込むなど、外国籍選手キラーとして存在感を存分に発揮。最終ラインの統率という面でも頼もしかった。
 
22 和田拓也 5.5
ボールを保持し、高い位置へ上がった時には江坂や瀬川とスムーズなコンビネーションを見せた。守備面での不安定さ、とくに前半のプレーから0.5を減点した。
 
MF
23 金澤 慎 5(81分OUT)                                                                       
ボールホルダーへのアプローチ、危険なスペースを埋める判断が遅れてしまう場面が少なくなかった。普段と違って、フィルターとしての役目を果たせなかった。
 
40 茨田陽生 5.5
前半は守備に忙殺され、後半も満足のいくボール捌きはできなかったか。3列目から勇気を持って前へと飛び出す姿をもっと見たかった。
 
16 マテウス 5.5(74分OUT)
要求すれども、欲しい時に欲しいコースへとパスが届かず、なかなかボールを触れない状況にストレスを溜める。CKでボールを逸らして山越の同点弾をアシストした。
 
44 瀬川祐輔 6.5
前線からの精力的なチェイシング、スペースへの走り込みでチームに勢いをもたらす。サイドハーフよりもFWでより生きることを証明してみせた。
【関連記事】
大前の移籍後初ゴールで大宮が逆転勝利。監督の進退問題はひとまず回避か
【大宮】前節の敗戦責任を痛感、社長が体調不良… 逆転勝利に渋谷監督「選手が100%出してくれた」
日本サッカーを彩る「美女サポーター」たちを一挙に紹介!
ルーキーとは思えぬ存在感! ルヴァン杯首位・仙台の“クロッサー”永戸勝也のこだわり
【ベガルタ戦記】渡邉晋の『日晋月歩』|感慨深い一戦で成長の証を示した背番号18

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ