ルーキーとは思えぬ存在感! ルヴァン杯首位・仙台の“クロッサー”永戸勝也のこだわり

カテゴリ:Jリーグ

小林健志

2017年05月11日

土壇場での貴重な同点弾につながるクロスを供給。

柏戦で同点弾を演出した永戸。いまやチームに欠かせない戦力だ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[ルヴァン杯グループステージ5節]仙台 1-1 柏/5月10日/ユアスタ

 YBCルヴァンカップもグループステージの後半戦に差し掛かった。現在Aグループ首位を走る仙台は10日に柏と対戦。13分柏のディエゴ・オリヴェイラに左サイドを突破され、最後はゴール前に詰めていたドゥドゥに右足でシュートを決められ先制を許すと、その後なかなかゴールを奪い返せない苦しい展開を強いられた。敗戦ムードも漂ったが、これまでルヴァンカップではMF佐々木匠、MF椎橋慧也、FW西村拓真と、20歳前後の若手が活躍してきた仙台。チームを救ったのはまたも若手だった。
 
 アディショナルタイムに入り、試合終了間際の90+4分、左ウイングバックで途中出場し、法政大から今季新加入の大卒ルーキーDF、永戸勝也が放ったクロスボールは西村の下へ。その西村のシュートのこぼれ球を拾ったFWクリスランが豪快に左足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。
 
 結局、土壇場で仙台が追いつき、1-1で試合終了。貴重な勝点1を得て、Aグループ首位を守った。この試合に勝たなければグループステージ突破が難しくなる柏としては痛い引き分けで、柏の下平隆宏監督は「負けに等しい引き分け」と肩を落とした。
 
 J1リーグでも開幕戦から先発出場を果たした永戸はすでにA契約も締結し、左ウイングバックのレギュラーの座を掴んでいる。7日に行なわれたリーグ10節のFC東京戦は敗れたものの、左サイドから再三良いクロスを上げていた。
 
「永戸やキン(菅井直樹)が前進できましたが、クロスへの入り方が整理できていませんでした」と渡邉晋監督はハーフタイムにクロスへの入り方を整理すると、永戸のクロスから決定機が生まれ、試合終了間際には永戸のクロスからFW石原直樹のヘディングシュートであわやという場面もあった。
 
「4バックのチーム相手だと自分の所が空くのはチームとしても確認できているので、ボランチやシャドーの選手も自分を見てくれています」と永戸が語る通り、チームとしても4バックの相手には永戸のクロスを活用しようという狙いが共通理解として浸透している。
 
【関連記事】
【ルヴァン杯】仙台が首位キープ!大宮との乱打戦制したFC東京が2位浮上!|Aグループ
【ルヴァン杯】久保は81分から出場も見せ場は訪れず… FC東京が大宮との接戦を制す!
「本当にいい日になった」久保建英がピッチで、ベンチで経験したこと
テネリフェに行ってみて分かった、柴崎岳のリアルな現地評「彼は最重要人物かもしれない」
副審にレッドカード! スコットランド・リーグで何があった?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト 最終登録メンバーを網羅!
    11月18日発売
    最終確定版!!
    カタール・ワールドカップ
    出場32か国
    選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 3年ぶりのJ1制覇!!
    11月10日発売
    J1優勝特集
    横浜F・マリノス
    喜田&水沼対談に
    J1 BEST PLAYERSも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ