【黄金世代】第1回・小野伸二「ずばり、引退をどう考えている?」(♯4)

カテゴリ:特集

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2017年05月08日

「銀河系のレアル。そのなかでもジズーは別格だった」。

自身の引き際をどう捉えているのか。その回答もじつに小野伸二らしかった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 ひとつ、個人的にどうしても訊きたい質問があった。
 
 日本サッカー史上、間違いなく「テクニカル部門」で首位の座を争うだろう技巧派が、これまでに対戦したなかで「コイツにだけは敵わない」と衝撃を受けた選手はいるのか? 国内外でさまざまなワールドクラスと対戦してきただけに、さぞや悩み抜くかと思いきや──。
 
 いやはや、即答だった。
 
「ジズーです」
 
 フランス代表の英雄、ジネディーヌ・ジダンの愛称だ。2002年の夏、UEFAスーパーカップで対戦した。レアル・マドリーとフェイエノールトの顔合わせだ。
 
「まさに銀河系のレアルとやったんですよ。ロベカルがいてラウールがいて、1-3で負けたんですけど、内容はもうぜんぜんです。それはもうすごい面子で。

 そのなかでもジズーはさらに別格。なんかね、もう入れないんですよ、その領域に。入ったとしても絶対にボールなんて獲れない。マジで衝撃でしたよ」

 
 そう言って、サッカー少年のような笑みをこぼした。

【PHOTO】小野伸二|波瀾万丈のキャリアを厳選フォトで 1997~2017

2002-03シーズンのUEFAスーパーカップで実現した銀河系マドリーとの対戦。最初で最後となるジダン(右)とのマッチアップを捉えた貴重なショットだ。(C)Getty Images

画像を見る

【関連記事】
【黄金世代】第1回・小野伸二「なぜ私たちはこのファンタジスタに魅了されるのか」(♯1)
【黄金世代】第1回・小野伸二「快進撃と悲劇~1999年の衝撃」(♯2)
【東京V】元日本代表ボランチ、橋本英郎が描き出す「J2リーグ最新勢力図」
【黄金世代・復刻版】1999 ワールドユース激闘録~銀色の軌跡(前編)
【黄金世代・復刻版】1999 U-20日本代表メモリアル「最強の名のもとに」前編

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ