【黄金世代】第1回・小野伸二「天才は3度のW杯でなにを得て、なにを失なったのか」(♯3)

カテゴリ:特集

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2017年05月02日

カズさんの11番を背負ったんですよね。

2004年、イングランド代表戦でゴールを決め、久保竜彦とハイタッチを交わす。日本代表でも魅せるプレーを連発した。(C)Getty Images

画像を見る

 日本代表での活動も波が激しかった。
 
 ワールドカップには3度出場し、それぞれに深い思い出があるという。
【PHOTO】厳選フォトで振り返る1999ワールドユース「銀色の進撃」
 
「初めてのワールドカップ(98年大会)。カズさんがまさかの落選をしたなかで11番を背負ったんですよね。とんでもないことをしたなって思いますよ。18歳で、まだあの頃はワールドカップの凄さが分かってなかったし、出たいとさえ思ってなかった。
 
 海外の選手と試合をすること自体がすごく特別な感じだったんで、その延長線でしかなかったんです。2002年になってようやくその凄さを実感しましたね。国中が応援してくれてたし、アドバンテージがかなりあって。チームとしてもまず1勝を挙げて、グループリーグも突破とスムーズで、波に乗って行けた。まあ終わり方は残念でしたけど」

 
 選手によって好き嫌いがはっきり分かれるトルシエ監督に対しては、「むっちゃ好きですよ、僕は。日本代表のなかで一番好きな監督かなぁ。あの緊張感が良かったし、アメとムチの使い分けが巧かった」と評した。
 
 そして、脂の乗り切った27歳で迎えたのが、2006年のドイツ・ワールドカップ。失意のどん底に突き落とされた。
 
「最終予選のバーレーン戦の直前に大怪我をしたんですよね。かなりショックで、ワールドカップ本大会までの時間もあまりなかったから焦ってたんだけど、なんとかメンバーには選んでもらえた。
 
 で、初戦のオーストラリア戦。途中から出場して、そっから逆転負けですからね。ショックはそうとうなものだったし、僕のなかではいちばんデカい敗戦だった。そこを引きずっての2試合目(対クロアチア、0-0)、3試合目(対ブラジル、1-4)だったし。非常にいただけないワールドカップでしたね」
【関連記事】
【黄金世代】第1回・小野伸二「ずばり、引退をどう考えている?」(♯4)
【黄金世代】第1回・小野伸二「なぜ私たちはこのファンタジスタに魅了されるのか」(♯1)
【黄金世代】第1回・小野伸二「快進撃と悲劇~1999年の衝撃」(♯2)
【黄金世代・復刻版】1999 U-20日本代表メモリアル「最強の名のもとに」前編
【黄金世代・復刻版】1999 U-20日本代表メモリアル「最強の名のもとに」中編

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ