【J1採点&寸評】G大阪×大宮|ゴールラッシュの青黒軍団は高評価がずらり。若き“将軍”をMOMに選出!

カテゴリ:Jリーグ

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2017年04月22日

G大阪――J1初ゴールの三浦は巧みなライン操舵も披露。

【警告】なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】井手口陽介(G大阪)

画像を見る

[J1リーグ第8節]G大阪6-0大宮/4月21日/吹田S

【チーム採点・寸評】
G大阪 7
4バック+ボックス型の中盤は今季初。攻守両面で見事な連動性を見せて、大量6ゴールを奪取し、敵の反撃を被決定機1に封じ込んだ。ここ数試合の悪しき流れを断ち切った。
【PHOTO】美女がずらり!ガンバ自慢の『チアダンスチーム』をCHECK!

【G大阪|採点・寸評】
GK
1 東口順昭 6
冷静に戦況を見極め、終始無駄のない動きでCBコンビと連動。前半はほぼセービングの機会がなく、後半アディショナルタイムの清水のミドルが唯一のピンチ。手堅く弾き返した。
 
DF
22 オ・ジェソク 6
90分間に渡ってソツのない上下動を繰り返した。右サイドからの攻撃を活性化し、守っては対峙した黒川にほぼ仕事をさせず。終盤は左SBに回って堅実な守備を披露。
 
2 三浦弦太 7
鋭い出足で相手のターゲットマン・清水のポストワークを封殺。巧みなライン操舵でチームのプレッシングを促進した。65分には頭でJ1初ゴールをマーク。
 
6 金 正也 6
肉弾戦で存在を示す。三浦とほど良い距離を保ち、大前の後方からの飛び出しにもクールに対応した。ビルドアップのところで何度か引っかかるも大事に至らず。
 
4 藤春廣輝 6(69分OUT)
軽症ながら怪我を抱え、万全のコンディションではないなか、絶えずフリーランを繰り返し、パスの選択肢を創出。先発に抜擢された泉澤の攻撃センスを引き出した。
 
MF
MAN OF THE MATCH
8 井手口陽介 7.5(69分OUT)
強烈ミドルで“2万1点目”を決め、攻守両面で高質な機動性能を見せつけた。豪快にボールを狩っては的確な散らしのパスで攻撃にリズムを生んだ。貴重な先制点+1アシスト。圧巻の出来だった。
 
10 倉田 秋 6.5
井手口と見事なつるべの動きを見せ、あらためて良質な万能型であることを証明した。守備での貢献度はいまひとつもリンクマンとして中盤のバランスを高次元に維持。2得点に絡む。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ