【ミラン番記者】本田圭佑にとってデウロフェウ加入は「墓石」に等しい

カテゴリ:海外日本人

マルコ・パソット

2017年01月25日

このままではミランはまたも3位に届かない。

公式戦6試合連続で出番がない本田。1月の退団説もここにきて収束しつつある。(C)Getty Images

画像を見る

 まるで急ブレーキを踏んだかのように、ミランは速度を緩めた。いや、その場に止まってしまったと言ったほうがいいかもしれない。
 
 現在のミランは今シーズンで最も困難な時を過ごしている。ローマ、アタランタ、カリアリ、トリノ、ナポリと戦った直近5試合のセリエAで、たったの1勝しかできていないのだ。2分け2敗だから勝点で言えば5ポイント、つまり1試合平均で1ポイントの計算である。
 
 数週間前まではチャンピオンズ・リーグ(セリエA3位以内)を狙えるほどだった1試合平均勝点は、いまや半減してしまっている(15節終了時点では同2.13ポイント)。
 
 1月21日のナポリ戦では、いくつかのポジティブな点も見られたが(反撃しようという強い気持ち、最後の最後まで諦めない精神、強力な選手が揃っているチームを後半は封じたなど)、それでも負けは負け。1ポイントすらも上積みできなかった。
 
 このままのペースでいけば、ミランが3位の座を手に入れるのは不可能だ。ユベントス、ローマ、ナポリの牙城を崩すには、それなりの優れた人材が必要なのは言うまでもない。
 
 にもかかわらず、夏のメルカートでも、そしてこの冬の移籍市場でも、ミランにチームのレベルを飛躍的に上げるようなビッグネームを獲得する動きはない。金がないからだ。それでもこれだけの成績を残してきた指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラは、むしろ離れ業的な偉業をなしていると言える。
 
 中国コンソーソアムへのクラブ売却正式調印が先延ばしを繰り返し(現在の予定日は3月3日だが、またもや延期される可能性もある)、今冬の資金投下はなし。よって、今回の冬のメルカートは、おそらくもう打ち止めだろう。1月31日までに誰かが駆け込んでくる可能性はあるが、それもレンタルや移籍金ゼロで獲得できるレベルの選手でしかないはずだ。
 
 GKにはジャンルイジ・ドンナルンマのサブとして、つまりほぼプレーできないとわかった状況で、40歳のマルコ・ストラーリがカリアリから加わった(ガブリエウとの実質トレード)。
 
 そして攻撃陣には、かねてから獲得に動いていたジェラール・デウロフェウをエバートンから半年レンタルで獲得した(1月23日に正式発表)。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ