あの“銀河系戦士”はいま何してる? マドリーのレジェンドを追う

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2016年12月12日

銀河系軍団の主要キャストたちのセカンドキャリアを追う。

ジダンやフィーゴ、ロナウド、ベッカムなど錚々たるメンツが揃った2000年代初頭のマドリー。彼らの引退後の人生を見てみよう。 (C) Getty Images

画像を見る

 ロス・ガラクティコス(銀河系軍団)――。2000年以降の大型補強によってレアル・マドリーに集結した、第一次フロレンティーノ・ペレス会長時代におけるスターチームの通称だ。当時の主要キャストは現役引退後、それぞれどんな道を歩んでいるのか。追跡した。
 
 指導者としていまもクラブに従事しているのが、それぞれトップチームとU-19を率いるジネディーヌ・ジダンとグティだ。前者はスポーツディレクターやカスティージャ(Bチーム)の監督、後者はU-12とU-18のコーチを経て現職に至っている。
 
 指導者ではないものの、今年8月からクラブの親善大使のような役目を担っているのが元祖フェノーメノことロナウド。ポーカー・プレーヤーとしての顔も持つ彼は、2011年にサンパウロに設立したスポーツマーケティング会社『9ine』、北米リーグ(MLSの下部リーグに相当)のフォートローダーデイルの共同オーナーも務める。
 
 下部組織の技術顧問という立場にあるロベルト・カルロスとともに、この2人はブラジルのTV局『グローボ』でも活躍中で、ロナウドは代表戦の試合で時折解説者を任され、R・カルロスはスポーツ番組にたびたび出演している。
 
 カルロ・アンチェロッティ時代にアシスタントコーチとして帰還したフェルナンド・イエロは、今年6月に1年契約でオビエド(2部)の監督に就任。ちなみにチームは、12月10日時点で6位につける。
 
 2015年のFIFA会長選に立候補して話題を集めたルイス・フィーゴは、チャリティーマッチに参加したり、人材の発掘・育成を目的としたイベントを主催したりと、現在もサッカーのフィールドで活動中だ。
 
 2014年にMLS参入を目的としたサッカークラブをマイアミに設立したのが、デイビッド・ベッカム。タレント業をこなしながら、ユニセフ親善大使としての任務にも力を注いでいる。

【写真】レアル・マドリー IN JAPAN(1998~2005)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ