• トップ
  • ニュース一覧
  • 【セルジオ越後】今年のJリーグのMVPは? すぐに答えられないところに大きな問題点があるよ

【セルジオ越後】今年のJリーグのMVPは? すぐに答えられないところに大きな問題点があるよ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2016年12月11日

突っ込みどころが満載なのが今のJリーグ。

先日のチャンピオンシップを制した鹿島。ただレギュレーションには疑問が残った。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 先日、チャンピオンシップの決勝戦が行なわれ、アントラーズが今年の王者に輝いたね。年間で最も多くの勝点を稼いだレッズがなぜか最後に涙を飲む……これまで僕は2ステージ制の矛盾点を指摘してきたけど、やっぱり腑に落ちない終わり方だったよ。試合を見ながらクエスチョンマークを浮かんだ人も多いんじゃないかな。
 
 これで困るのが、今月20日に行なわれるJリーグアウォーズで誰をMVPに選ぶのかということ。チャンピオンシップ決勝の第2戦で2ゴールを奪った金崎は第2ステージでは不振に陥っていたし、キャプテンの小笠原はシーズンを通じてスーパーな活躍を見せたわけではない。逆にフロンターレの中村は質の高いパフォーマンスを見せたけど、今年もタイトルに手が届かなかった。レッズの阿部、西川にしたってシーズンの終わり方にケチが付く。
 
 でも最後まで突っ込みどころが満載なのが今のJリーグらしいっていうことなのかもしれないね。結局は来年から1シーズン制に戻すことへの説明もないままだし、今年のMVPだって明確な理由がないまま発表される可能性だってあるよ。
 
 大袈裟な言い方かもしれないけど、Jリーグの設立から25周年目で、リーグの価値に大きな傷がついたと思うんだ。2年前に財政面の問題で2ステージ制再導入へ大きな舵を切ったわけだけど、結局は当初設定していた5年に満たない期間で終わることになった。これは暗に変革は失敗でしたと言っているようなもんだよ。
 
 来季は大型スポンサーが付いたことで、優勝賞金が3倍にも膨れ上がるというけど、各クラブにどれだけの恩恵があるかは未知数だ。
【関連記事】
【鹿島×マメロディ】スタメン発表! 赤崎、植田、中村が先発で、金崎と小笠原が外れる
【セルジオ越後】制度的に穴だらけのCS。来年から廃止になって、選手も喜んでいるだろう
【セルジオ越後】本田は「リトル本田」のまま。原口と大迫が“看板”なんて重要でないと証明したね
【ドイツ発】現地メディアの反応。「みんな喜んだ」内田篤人の復帰
【インカレ|大阪体育大】負けず嫌いの浅野雄也を突き動かす、兄・拓磨への“ライバル心”

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ