• トップ
  • ニュース一覧
  • 【インカレ|大阪体育大】負けず嫌いの浅野雄也を突き動かす、兄・拓磨への“ライバル心”

【インカレ|大阪体育大】負けず嫌いの浅野雄也を突き動かす、兄・拓磨への“ライバル心”

カテゴリ:大学

小田智史(サッカーダイジェスト)

2016年12月10日

「タクのことはあまり気にしないようにしている。調子に乗ってしまうので(笑)」

兄・拓磨が海外でプレーする日本代表選手ということもあり、必然と弟の雄也への注目も集まる。負けず嫌いの本人は、「兄超え」を目指し、今大会の活躍を誓う。 写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[第65回全日本大学サッカー選手権大会] 法政大 0-3 大阪体育大/2016年12月10日/町田市陸上競技場
 
 大阪体育大2年のMF浅野雄也にとって、自身2度目の全日本大学サッカー選手権大会は特別な意味を持つ。レギュラー奪取へのアピールはもちろん、現在ドイツのシュツットガルトでプレーする2歳年上の兄・拓磨の背中を追いかけ、超えるためだ。
 
 特に、後者の想いはひと際強いだろう。兄の拓磨は今夏、J1のサンフレッチェ広島からイングランドの名門アーセナルへと移籍し、(のちにシュツットガルトへ期限付き移籍)。リオ五輪にも出場した。五輪メンバー選出に際しては、浅野家への取材が殺到。両親だけでなく、弟の雄也も兄について訊かれることや、サッカー選手として比較される機会も自然と増えていった。“兄弟の宿命”に直面している雄也の胸中を、坂本康博総監督はこう代弁する。
 
「そりゃあ、比較されるのは嫌ですよ。オリンピックの時なんか、メディアが何社来たか。兄貴のことを訊かれ続けて、アイツ自身もきっと頭にきていると思う。とにかく負けず嫌いですからね(苦笑)」
 
 雄也本人は「あまり気にしないようにしています。調子に乗ってしまうので(笑)」とあくまで自然体を強調するが、坂本監督によれば、そんな兄への強烈なライバル心が大きくなりすぎ、今季の後半戦はスランプに陥っていたという。ラスト3試合は出場機会がなかったのは、「絶不調で使いようがない」(坂本総監督)ためだった。
 
 それでも、もがき苦しんだ末になんとか復調。今大会初戦となった2回戦の法政大戦、3点リードの85分にピッチへと送り出された。
 
「ダメ押し点を取りに行くぞ」と指示を受けた雄也は、2トップの一角に入ると持ち前のスピードを生かして相手ゴールを目指す。見せ場は87分。後方からのボールに合わせて裏のスペースに抜け出したが、DFとGKを交わし切れずにチャンスを逃してしまう。その後も攻勢に出た法政大陣地には広大なスペースがあったが、押し込まれる時間帯で上手く攻撃の圧力を高められなかった。
【関連記事】
【日本代表ルーツ】「家族が好きだから」。快足FW浅野拓磨を突き動かす力の源
現役Jリーガーが選んだ今季のベスト「セカンドトップ」は? J1全18クラブ、計90選手にアンケート!
現役Jリーガーが選んだ「今季のベストCF」は? J1全18クラブ、計90選手にアンケート!
【セルジオ越後】今年のJリーグのMVPは? すぐに答えられないところに大きな問題点があるよ
【高校選手権】今大会のJ下部組織・人材輩出数ランキングを発表!! 最多16人を記録したクラブは?
【高校サッカー勢力図】選手権出場プレーヤー・出身都道府県ランキングを発表!! あなたの出身地は何位?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ