【ドイツ発】現地メディアの反応。「みんな喜んだ」内田篤人の復帰

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェスト編集部

2016年12月10日

同僚が「途轍もなく大きな勝者がシャルカーの中にいる。ウッチー、お帰りなさい」と喜ぶ。

内田が1年9か月ぶりに公式戦に復帰。これから本当の闘いが始まる。(C)Getty Images

画像を見る

 右膝膝蓋腱で苦しんできたシャルケの内田篤人が12月8日、ヨーロッパリーグ(EL)のアウェーでのザルツブルク戦で約1年9か月ぶりとなる実戦復帰を果たした。ドイツのメディアも彼の復活について伝え、祝福している。
 
 シャルケはELグループステージで5連勝を収めて、決勝トーナメント進出を確定。今回のザルツブルク戦はプレッシャーのかからない一戦となったため、クラブは若手選手とともに内田の帯同を決めた。
 
 南野拓実が所属するザルツブルクとの一戦、内田は83分にサシャ・リーターと交代で出場し、639日ぶりとなる公式戦のピッチに立った。スローインからピッチに立つと、本職である右サイドバックのポジションでプレー。南野のシュートを止めるなど何度かボールに絡んだものの、後半アディショナルタイムに失点。シャルケは0-2で敗れた。
 
 ドイツのサッカー専門誌『キッカー』の電子版は「内田がカムバックを喜び、みんなが内田のことを祝福した」と題して、会員6000人を数えるシャルケファンクラブが一斉に祝福のメッセージをSNSなどで発信したことや、クラブフロント、チームメイトの反応、さらに内田のコメントなどを伝えている。
 
 シャルケの強化責任者であるスポーツディレクターのクリスティアン・ハイデルは、「感無量。私からの説明は不要だろう」と話したという。また、内田本人の「再び復帰できる日が来ると信じ続けるだけでも、それは簡単なことではなかった」とのコメントも掲載している。
 
 また、チームメイトであるボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFのセアド・コラシナツは今回のオーストリア遠征には帯同せず、自宅観戦していた模様。『キッカー』は、彼がインスタグラムで内田が登場したシーンに「Uchiiiiii」とメッセージを書き込んだものを紹介した。
 
 さらに、ドイツ代表DFデニス・アオゴも内田の復帰を喜んだという。アオゴは自身のFacebookで、「今日の試合は負けてしまったけど、でも、途轍もなく大きな勝者がシャルカーの中にいる。ウッチー、お帰りなさい。みんなで祝福するよ」と、ふたりのユニホーム姿のツーショット写真とともにメッセージを残した。
 
【関連記事】
感傷とは無縁の内田が復帰戦で「良かった」と感じたことは?
【ミラン番記者】本田圭佑は「孤独」を深めている
【先取り移籍マーケット】浦和がR・シルバ&オナイウを獲得!C大阪退団の玉田に熊本が接触か
【内田篤人の告白】希望と絶望の狭間で<パート1>。「その時は正直、治る気がしなかった」
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?
【サウジ戦|ハイライト動画&記事一覧】解説:セルジオ越後・金田喜稔 プレー分析:原口元気 美女サポPHOTOギャラリー etc.
【鹿島】逆転優勝の舞台裏。柴崎岳が明かした浦和の弱点とは?「前には強いけど…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ