【ハリルジャパン】11月シリーズに挑む25名のポジション別序列。注目の久保は新機軸“4トップ”を形成か。本田や香川、吉田は不動の位置付け

カテゴリ:日本代表

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2016年11月05日

25名の内訳は、GKが3人、DFが8人、MFとFWが7人ずつ。

11月シリーズは25名を招集。アジア最終予選でグループ首位に立つサウジアラビアとの一戦は、ロシア行きを占う最重要ゲームとなる。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 11月4日、日本協会は同11日のオマーン戦(キリンチャレンジカップ2016)と同15日のサウジアラビア戦(ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選第5節)に挑む日本代表メンバー25名を発表した。
 
 試合日程は以下のとおり。
 
[キリンチャレンジカップ2016]
日本代表対オマーン代表/茨城県立カシマサッカースタジアム/19:20キックオフ
 
[ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選第5節]
日本代表対サウジアラビア代表/埼玉スタジアム2002/19:35キックオフ
 
「サウジアラビアに似ている」(ヴァイッド・ハリルホジッチ監督)というオマーン戦は、テストの場になる。サウジ戦を想定したシミュレーションであるのはもちろん、指揮官は「あまりプレー機会のない選手や、海外で試合に出られていない選手もここでチャンスを与えたい」と明言している。
 
 そしてサウジ戦は、絶対に勝たなければならない一戦だ。日本は最終予選で4試合を終え、2勝1分1敗の勝点7でグループ3位にいる。サウジアラビアは勝点10で首位に立つだけに、勝てば一気に上位陣との差を詰められることになる。
 
 選ばれた25名の内訳をポジション別に見ていくと、GKが3人、DFが8人、MFとFWが7人ずつ。以下、基本システムの4-3-3に沿って、各セクションの序列を考察していく。
 
【GK/3人(欧州組1人 国内組2人)】
◎西川周作(浦和)/○東口順昭(G大阪)/△川島永嗣(メス)
 
 GKの顔ぶれは、前回の11月シリーズと変わらず。序列も西川がファーストチョイスとなり、2番手に東口、そして“メンタルプレーヤー”の川島という順番だろう。
 
 もっとも、川島に関しては少なからず「前進」があるようだ。ハリルホジッチ監督は「前回の合宿でたくさんのことを見せてくれた。コンディションも良い。GKコーチも彼のパフォーマンスには満足している」とコメント。まだ所属クラブでレギュラーを取れていないだけに、序列は低いままだが、トレーニングでのアピール次第ではオマーン戦での起用はあるかもしれない。
 
※凡例:◎=スタメン候補 ○=準レギュラー △=三番手
 

11月シリーズで招集された25名のポジション別序列。柏木や宇佐美が外れた一方、井手口が初招集となり、齋藤は“追加”ではなく最初から選出された。

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ