【U-19優勝の舞台裏】やっと素直に自分と向き合えた決勝戦。遠藤渓太はなぜ「雑念」を振り払い、流れを変えられたのか

カテゴリ:Jリーグ

安藤隆人

2016年11月02日

「『結果を残したい』という気持ちばかりが強くなってしまって…」

後半途中からの出場で反撃の突破口となった遠藤。準決勝までのモヤモヤを払拭する働きを見せた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 最後の最後で、彼の燻っていた思いが解き放たれた。
 
「前日練習から調子が良くて、やっぱり出られない悔しさをラストだったのでぶつけました」
 
 U-19アジア選手権決勝・サウジアラビア戦でMF遠藤渓太に出番が訪れたのは、59分のことだった。MF三好康児が相手の悪質なタックルにより負傷し、交代投入となった。
 
「ピッチの選手たちはかなりハイペースの戦いをしていたので、僕もそれに合わせるようにアップのペースを早めていたんです。康児くんが負傷をして、僕が入ったのですが、みんなから『ヒーローになってこい』と言われて送り出されました」
 
 準備は万端だった。解き放たれたかのようにピッチに送り込まれた遠藤は、投入直後から得意のドリブルで、サウジアラビアの白い壁に向かって挑んで行った。67分には左サイドでFW岩崎悠人のパスを受けると、切れ味鋭いカットインから強烈なミドルを放つ。ゴールこそならなかったが、遠藤のこのプレーが劣勢だったチームに反撃の糸口をもたらした。
 
 このプレーを境に、日本は攻めに転じる構えを見せる。遠藤も83分に左サイドを突破し、ファーサイドの岩崎へクロス。延長前半の97分にはカウンターから左サイドをドリブルで駆け上がり、クロスを供給するなど、チャンスを演出。103分には岩崎の折り返しをボレーがミートしないなどミスもあったが、これまでの出場の中で一番の出来を見せた。
 
「これまではどうしても『結果を残したい』という気持ちばかりが強くなってしまって、普通にクロスを上げればいい場面でえぐってしまって、相手に奪われたり、引っかかってしまって空回りをしていたんです。でも、決勝は緊迫した0−0の局面だったし、僕に何を求められているかを考えながらプレーしました」
 
 遠藤は初戦のイエメン戦で84分に、カタール戦では62分に交代出場するが、その時はすでに勝負が決まっている局面だった。準決勝のベトナム戦は先発だったが、ターンオーバーによるもので、かつベトナムが歯ごたえのない相手だったこともあり、自分のことを考えてしまうことが多かった。
 
 自分はこのチームではレギュラーではなく、FW小川航基、岩崎、MF三好、堂安律が結果を残している。彼の中で生まれた『雑念』が焦りを生み出し、ベトナム戦もFW岸本武流、中村駿太が結果を残すなか、空回りが続いてしまった。
 
 雑念に心を乱され、良いところがないまま、決勝を迎えることになってしまった――。
 
「ゴールが取れないし、アシストが出来なくて、試合の出番も少ない。本当に不甲斐なかった。でも、冷静に考えたら、かなり空回りしている自分に気が付きました。もう決勝しかないし、チャンスは絶対に来ると思うので、自分がもしピッチに立ったら、ベンチメンバーの思いや、みんなのために、チームのためにやらないといけないと気付きました」
 
 もう1試合しかないという状況が、いい意味で開き直らせ、自分を見つめ直す機会を生み出すことができた。このきっかけの裏には、もうひとつ彼のある想いが隠されていた。
【関連記事】
【U-19優勝の舞台裏】難易度MAXの途中投入から劣勢の日本を救ったクレバーな観察眼
【J1展望】浦和×横浜|年間1位への最終関門、“横浜の鉄壁”「4-1-4-1」を攻略だ!
【横浜】小林祐三と来季の契約を更新せず… 最終節を前に自らが望んだタイミングでの発表に
【U-19代表】世界大会への貴重な財産に――。苦闘の裏に見えた〝サウジと戦えた意義″
【U-19アジア選手権|日本0(5PK3)0サウジアラビア|採点・寸評】PK戦を制し、歴史的快挙達成!! MOMは果敢に仕掛け続けた神戸のSB

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ