メッシやマラドーナを彷彿!? バルサB所属の18歳がリーガ・デビュー間近だ

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2016年10月25日

バルサの未来のスーパースター候補。

プレシーズンにはトップチームに帯同し、試合にも出場したアレーニャ。順調に成長すれば、将来的にバルサの主軸を担いうる逸材だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 白熱の好ゲームが展開されたリーガ・エスパニョーラ第9節、10月22日のバレンシア対バルセロナ。2-2の同点で迎えたロスタイムに、リーガの歴代最多得点記録保持者であるリオネル・メッシと、同じくリーガの歴代最多PKストップ記録を誇るジエゴ・アウベスのPK対決が実現するなど、最後まで目が離せない一戦となったが(結果はメッシに軍配が上がり、バルサが3-2で勝利)、注目すべきはキックオフ前に発表されたバルサのメンバーリストにもあった――。
 
 バレンシア戦のリストにあった驚きの名前。それは8試合連続で招集外となっていたDFのアレイシュ・ビダル、ではない。
 
 背番号28、カルレス・アレーニャ――。「バルサの未来のスーパースター候補」と言われるBチーム所属の18歳の天才が、リーガでは初めてトップチームに招集されたのだ。
 
 8歳でバルサのカンテラ(下部組織)に入り、各年代のスペイン代表で活躍してきたセントラルMF。ここまでのキャリアのハイライトは、なんといっても昨シーズンのUEFAユースリーグ(ASローマ戦)で見せた「4人抜きゴール」だろう(当時17歳)。単独で局面を打開してみせたそのゴールは、かつてメッシが披露した“5人抜き”を連想させた。
 
 今回の招集は怪我人が続出してトップチームの選手が17人になってしまった影響がたぶんにあるが、ルイス・エンリケ監督がその才能を高く評価しているのは間違いない。
 
 事実、指揮官は昨シーズンのコパ・デル・レイ(バレンシアとの準決勝第2レグ)でも、当時まだフベニールA(17~20歳のカテゴリー)の所属だったアレーニャをトップチームに招集しているのだ。
 
【関連記事】
バルサはイニエスタ離脱中に「新時代のヒント」を得られるか?
ネイマールやメッシの練習内容とは? 最強軍団バルサの知られざる「トレーニング・メソッド」
“記録男”メッシが築いた「偉大すぎるレコード」10選!
ミランの新星ロカテッリ、比較論もある先輩アルベルティーニの見立ては?
インテルの中国人オーナーが暴挙…UEFAのルールを「無視」する

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ