バルサはイニエスタ離脱中に「新時代のヒント」を得られるか?

カテゴリ:メガクラブ

豊福晋

2016年10月24日

いつかイニエスタ抜きのバルサはやってくる。

10月22日のバレンシア戦でペレスの激しいタックルを受けたイニエスタが負傷。年内復帰は難しい情勢だ。(C)Getty Images

画像を見る

 10月22日、リーガ・エスパニョーラ9節のバレンシア対バルセロナ戦。11分、エンソ・ペレスの激しいタックルを受けたアンドレス・イニエスタが、メスタージャのピッチにうずくまった。チームメイトの顔が歪む。
 
 そのまま交代したイニエスタの診断結果は、「右膝外側側副靭帯の部分損傷、離脱期間は6~8週間」。12月4日に予定されている今シーズン最初のクラシコ出場は難しくなった。
 
 指揮官のルイス・エンリケは「信じられない」という表情を浮かべ、負傷させたペレスに食ってかかったほど。代えの効かないキャプテンを失った失望だけではなく、頭にあったのはバルサに続く不運だ。
 
 昨シーズンに続いて今シーズンのバルサは、とにかく怪我人が多い。2週間前には実に13人もの選手が負傷を抱えていたほどだ。
 
 バレンシア戦の3日前のチャンピオンズ・リーグ、マンチェスター・C戦では開始早々にジョルディ・アルバを、続いてジェラール・ピケが怪我に倒れた。ピケは3週間、アルバは2週間の離脱と比較的軽傷だったことで指揮官を安堵させたが、さらに不運は続き、週末にかけてアルダ・トゥランとラフィーニャも戦列を離れた。わずか数日間で5人を失うことになったのである。
 
 とくに、やはりイニエスタ離脱の反響は大きく、チームメイトも即座に連帯を示した。
 
「元気を出して早く戻ってきてくれ、キャプテン。君が必要なんだ」(ルイス・スアレス)
 
「キャプテンであり、僕の兄弟のイニエスタへ」(ネイマール)
 
 今回の負傷離脱者の中でも、とくにイニエスタとピケは大きなマイナスだろう。2人はもう何年も事実上代役不在と化しており、もちろんそれは今シーズンも変わらない。
 
 しかし、この2人のカンテラーノだって永遠にプレーできるだけではない。いつか彼ら抜きのバルサの時代はやってくる。とりわけ来年5月で33歳になるイニエスタの場合は、そう遠くない未来に別れの時が訪れるだろう。
 
 まだまだやれると思われていたシャビですらも、晩年はパフォーマンスを落とし、昨夏にはバルサを去っていった。クラブもそれを理解しているからこそ、イバン・ラキティッチ(2014年夏に加入)をはじめ、アンドレ・ゴメスやデニス・スアレス(いずれも2016年夏に加入)らを獲得してきた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ