【セルジオ越後】日本は挑戦者なんだよ。せっかくの勝機にDFを投入して、「負けないこと」を優先したね

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2016年08月08日

ちょっと首を傾げたのが、3枚目のカードの切り方。攻め立てていたのに、なぜ、鈴木武蔵ではなくて亀川だったのかな?

2-2で、文字通り痛み分け。日本はグループリーグ最終のスウェーデン戦で、ベスト8進出への望みをつないだ。写真:小倉直樹/JMPA

画像を見る

[リオ五輪 グループB第2戦]日本 2-2 コロンビア
現地8月7日/マナウス
 
 日本がグループリーグ(GL)突破へ望みをつないだね。なにより今回のオリンピックは、日本のみならず、どの国も苦労している。開催国のブラジルもまさかの2試合連続のスコアレスドローだった。
 
 ズバ抜けた存在がいなくて、オリンピック自体がサプライズの起こりやすい大会になってきているのは確かだね。だから、なにが起きても不思議ではない。
 
 グループBは、全盛期ではないとはいえチェルシーのミケルら欧州で活躍する力のある選手をそれなりに揃えてきたナイジェリアが頭ひとつ突出して、あと3チームは団子状態と言える。コロンビアはコパ・アメリカ(南米選手権)に出場したA代表の23歳以下の3選手を、このオリンピックに招集できなかった影響は否めない。
 
 コロンビアは明らかに選手の連係が悪く、個々のパフォーマンスも上がらなかった。それでも先に2点を決めてきたところに、日本との個の差は感じた。でも、守備はやっぱりバラバラのまま。だからリズムが作れない。
 
 日本は南野、大島と攻撃的な2枚のカードを切ったら、再び試合を大きく動かして追い付くことができた。
 
 ベンチはこの2試合とも、リードを奪われたあとに動いた。ビハインドになったから、「攻撃的に行こう」とね。すると、今回も2-2に追い付くことができた。
 
 ただし、ベンチはそこで悩んだ感じだ。ちょっと首を傾げたのが、「3枚目のカード」の切り方だった。
 
 日本にせっかく流れが来て、勝つチャンスが訪れていたのに、手倉森監督が選択した3人目の切り札は、なぜか「DF」の亀川。第1戦でゴールを決めた鈴木武蔵を温存させる選択肢を選んだんだ。
 
 このまま攻めるべきか、いや試合を落ち着かせるべきか――と。結局、手倉森監督は左サイドバックの藤春を下げて、亀川を入れた。すると、それまで右サイドバックだった室屋が左に回り、亀川は右サイドバックのポジションについた。
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ