• トップ
  • ニュース一覧
  • 【南アフリカ戦 直前プレビュー】生き残りを懸けたラストゲーム。“仮想ナイジェリア”としても重要な一戦に

【南アフリカ戦 直前プレビュー】生き残りを懸けたラストゲーム。“仮想ナイジェリア”としても重要な一戦に

カテゴリ:日本代表

小田智史(サッカーダイジェスト)

2016年06月29日

南アフリカは「パワフルなサッカーをしてくる“突進型”のチーム」(手倉森監督)

南アフリカ戦の日本の予想布陣。システムは4-4-2で、2トップは浅野と中島が組むことになりそうだ。

画像を見る

 国内でのラストゲームで対戦する南アフリカはリオ五輪出場国。「今回来日しているのは、ほぼ本大会の最終メンバーに近い構成」(オーウェン・ダガマ監督)と真剣勝負が期待できるだけに、本大会初戦のナイジェリア戦に向け貴重なシミュレーションの場となる。

【PHOTO リオ五輪に生き残りをかけた南アフリカ戦前日練習】@松本

 前日記者会見で南アフリカの印象について問われた手倉森誠監督は、「身体能力を前面に出したパワフルなサッカーをしてくる。下(足もと)もあるし、上(空中戦)もある“突進型”のチーム。ナイジェリアほどの細やかなテクニック、コンビネーション、スピードはないですが、前線に大きい9番(ジュダス・モセメディ/182センチ)がいて、2列目も技術と(前を)追い越して行くスピードがある」とアタッカー陣を警戒する。
 
 他にも母国で「(U-23)南アフリカのイニエスタ」と呼ばれるゲームメーカーのメンジ・マスク、攻撃的MFのギフト・モトゥパ、A代表経験者でヨーロッパのクラブからも注目を集めるリバルド・コッツィーエと、ダガマ監督が信頼を置くタレントが揃う。アフリカ特有のスピードやバネを警戒しつつ、「走り負けない。間延びに付き合わない」(手倉森監督)、「高さ勝負になったら競り合いで負けない」(中谷進之介)こと。局面の個の戦いと同時に、組織で囲い込むディフェンスがポイントのひとつになる。
 
 南アフリカ戦は、怪我からの復帰組のコンディションチェックと、ユニット(選手の組み合わせ)確認においても重要な意味を持つ。ベストメンバーを組むというよりは、「これまで活動にずっと参加してきている選手、プラスアジア最終予選から怪我で離脱していた選手、そして改めてもう一回手元に置いて見てみたい選手」(手倉森監督)を組み合わせて最後のテストを行なうことになるだろう。

前線にサイズのあるFWがいて、2列目も突破力に優れる南アフリカを前に、植田は「大きな選手に何もやらせないのが僕の仕事。そういう相手とやれるのがすごく楽しみ」と意気込む。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

【関連記事】
【リオ五輪代表】「あの場面が再び来たらどう反応できるか--」。浅野が汚名返上弾を狙う
【リオ五輪代表】かつてA代表まで登りつめた男の復活はなるか。松原の運命の一戦が始まる
【リオ五輪代表】「相手になにもやらせないのが仕事」。植田が語る国内最終戦への覚悟
【リオ五輪代表】10番を託された矢島慎也の胸中。「監督の信頼に応えないといけない」
【リオ五輪代表】中島が監督への感謝をプレーに込める。「テグさんがいなければ今の自分はいない」
【リオ五輪代表】手倉森監督からの“愛の檄”に静かに燃える中島翔哉。「何番でも活躍すれば変わらない」
【リオ五輪代表】室屋が挑むラストチャンス。「テグさんと一緒にメダル獲得に向けて戦いたい」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト いよいよ大詰め!
    4月4日発売
    アーセナル、リバプール、
    マンチェスター・シティ
    プレミア3強 徹底解剖
    歴史的な三つ巴は最高潮へ!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ