【リオ五輪代表】10番を託された矢島慎也の胸中。「監督の信頼に応えないといけない」

カテゴリ:日本代表

小田智史(サッカーダイジェスト)

2016年06月27日

「他の人と同じことをしていてもダメ。点に絡むプレーで違いを出したい」

矢島は「他の人と同じことをしていても生き残れない。違いを出すという意味では、点に絡むプレーをしたい」と意気込む。

画像を見る

 U-23日本代表の松本合宿は2日目を迎え、26日にJ2、J3、サテライトリーグを戦ったメンバーが合流。派遣手続きの関係で欠席した松原健を除く20選手が揃った。前日にJ2・讃岐戦でボランチとしてフル出場した矢島慎也は、ストレッチとランニングを中心とした軽めのメニューで汗を流した。6月は公式戦5試合でほぼフル出場し、PKながら2得点を挙げるなど、「試合に出続けられているので調子は悪くない」と最後のアピールに照準を合わせる。
 
「オリンピックも、(7月1日の)メンバー発表も近づいてきて、みんなアピールしたいと思っているはず。初めて一緒にやるメンツではないし、(実戦の)数はこなしているので、(6月29日の南アフリカ戦は)連係云々ではなく、勝ちが求められている。そのなかで、試合としては最後になる分、より頑張って自分もアピールできればいいかなと」
 
 手倉森誠監督は「(最終メンバー18人のうち)3分の1以上はふたつのポジションをできる選手がいなければいけない」と、かねてからポリバレント性を重視している。5月のガーナ戦でサイドハーフとボランチでプレーした矢島は、その条件を十分に満たしており、指揮官の信頼も厚い理由のひとつと言えるだろう。
 
「(メンバーに)人数制限があるなかでは、ポジションがひとつだと使い勝手が良くない場面が出てくる。自分はボランチも真ん中(2列目)もサイドもできるので、そこのポジションでやれって言われた時に普通に対応できると思います。でも、“普通”じゃダメというか、他の人と同じことをしていても生き残れない。違いを出すという意味では、自分は点に絡むプレーをしたいですね」
 
 生き残りを懸けたサバイバルと同時に、矢島は今回、中島翔哉に代わって「10番」を託された点でも注目を集める。手倉森監督はメンバー発表会見で「中島が欠けていた分、矢島が10番を背負って、ガーナ戦でもトゥーロン(国際大会)でも良い仕事をしてくれている。今の時点では時系列から言っても矢島が10番」と言及した。中島はこの日の練習後「背番号にはそこまでこだわりはないです。ヤジくん(矢島)もすごく上手いし、一緒にプレーしていて楽しい選手」と語ったが、では当の矢島はどう思っているのか。
【関連記事】
【リオ五輪代表】手倉森監督からの“愛の檄”に静かに燃える中島翔哉。「何番でも活躍すれば変わらない」
【リオ五輪代表】室屋が挑むラストチャンス。「テグさんと一緒にメダル獲得に向けて戦いたい」
リオ五輪の最終メンバー入りへ。橋本拳人の成長速度にFC東京コーチも太鼓判
【リオ五輪代表】橋本拳人がリオへの運命を切り開く――。「気持ちでは誰にも負けない」
塩谷がオーバーエイジ内定を語る。リオ行きを決断させた世界大会への想い

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト いよいよ大詰め!
    4月4日発売
    アーセナル、リバプール、
    マンチェスター・シティ
    プレミア3強 徹底解剖
    歴史的な三つ巴は最高潮へ!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ