• トップ
  • ニュース一覧
  • 【リオ五輪代表】かつてA代表まで登りつめた男の復活はなるか。松原の運命の一戦が始まる

【リオ五輪代表】かつてA代表まで登りつめた男の復活はなるか。松原の運命の一戦が始まる

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年06月29日

順風満帆のなか、まさかのアクシデントに襲われる。

前日練習では元気な姿を見せた松原。コンディションは悪くないようだ。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 7月1日のリオ五輪メンバー発表を前に、U-23日本代表は今日、南アフリカとの強化試合を迎える。18人の登録メンバー入りを懸けたまさにサバイバルマッチだ。

【PHOTO】リオ五輪に生き残りをかけた南アフリカ戦前日練習@松本
 
 このゲームに人一倍強い想いを持つ男がいる。それが右SBの松原健だ。
 
 松原はかつてこの世代きっての有望株だった。各年代別代表で活躍しながら、2014年8月のキリンチャレンジカップではA代表に初選出。所属の新潟でもレギュラーの座を掴み、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで成長していた。しかし、15年4月、彼をアクシデントが襲う。右外側半月板の損傷。全治5か月の重傷だった。
 
 16年1月にはリオ五輪最終予選を控えるなかでの戦線離脱。ショックは相当なものだったはずだが、松原は黙々とリハビリに励み、最終予選のメンバー入りを掴み取る。それでも、決戦の地・カタールで待っていたのは辛い現実だった。「どうしても低くて早いのを蹴ろうとすると多少痛みが出る」と、右膝の状態は万全ではなく、チームが快進撃を続けるなか、松原は1試合それも68分の出場に止まった。
 
 そして帰国後の2月には右膝外側半月板を再手術。全治3か月と再び長いリハビリ生活を強いられた。
 
 
【関連記事】
【南アフリカ戦 直前プレビュー】生き残りを懸けたラストゲーム。“仮想ナイジェリア”としても重要な一戦に
【リオ五輪代表】「あの場面が再び来たらどう反応できるか--」。浅野が汚名返上弾を狙う
【リオ五輪代表】中島が監督への感謝をプレーに込める。「テグさんがいなければ今の自分はいない」
【リオ五輪代表】一発逆転を狙う野津田。魂を込めた左足で「攻撃にアクセントを加えたい」
【リオ五輪代表】10番を託された矢島慎也の胸中。「監督の信頼に応えないといけない」
【リオ五輪代表】「相手になにもやらせないのが仕事」。植田が語る国内最終戦への覚悟

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ