• トップ
  • ニュース一覧
  • “鹿島の象徴”と評される青木剛という男。内田篤人も「一緒のチームでやれて嬉しかった」

“鹿島の象徴”と評される青木剛という男。内田篤人も「一緒のチームでやれて嬉しかった」

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2016年06月26日

スタンドからは「青木コール」――背番号5に声がかかった。

鹿島でのラストゲームで、ステージ制覇に貢献。プレータイムは限られたものだったが、「失点してはいけない、勝って終わるんだ」という想いでピッチに立ち、有終の美を飾った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

“最後の舞台”はロスタイムに訪れた。
 
 90+4分、ブエノとの交代でピッチに入ると、スタジアムは大きな拍手に包まれる。
 
 鹿島ひと筋16年目となるシーズンの第1ステージ最終節。6月25日の福岡戦は、青木剛にとって、愛すべきクラブでのラストゲームとなった。
 
 福岡戦の2日前、クラブの公式HPが、青木の鳥栖への完全移籍を伝える。
 
「ファーストステージが最終局面を迎える大事な時期ですが、自分の気持ちをしっかりと伝えたかったので、このタイミングでの発表とさせていただきました」
 
 今季は出場機会になかなか恵まれなかった青木のもとに、鳥栖からオファーが届く。選択肢はふたつあった。ひとつは、鹿島でサッカー人生を全うすること。もうひとつは、新天地で自分の力を試してみたいという想いだった。
 
 簡単には結論を出せなかったが、最終的には新たなチャレンジを選んだ。自分の考えを親しい人間に伝えると、ポジティブな反応が返ってきたという。
 
「反対をした人が、ひとりもいなかった。『やるべきだ』って」
 
 ピッチに立てないもどかしさに不安を覚えた。だが、周りの評価は“まだまだできる”というものだった。青木自身、フットボーラーとしての生きがいを取り戻したかったから、オファーを受けることにした。
 
 そうして迎えた福岡戦だった。3試合ぶりのベンチ入り。チームは前半に2点のリードを奪う。後半も2-0のままゲームは進むなか、交代のカードが一枚、二枚と切られる。
 
 時計の針はすでに90分を回っている。スタンドからは「青木コール」――背番号5に声がかかった。
 
「ああやってサポーターの方から、あそこまでコールしてもらえるとは思わなかったので、すごく嬉しかった」
 
 鹿島の一員としての最後の試合。あとどれだけ時間が残されているか分からなかったが、「勝っている状態で、失点してはいけない、勝って終わるんだ、と。そういう気持ちで」ピッチに足を踏み入れた。
 
 そして、ほどなくしてタイムアップ。青木のもとに最初に歩み寄ったのは、小笠原満男だった。
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】鹿島 2-0 福岡|“ツボ”を得たプレーで勝利に導いた鹿島の背番号40がMOM。2トップも質の高いプレーを披露。
「ライバルが躓いてくれた幸運もあったけれど」――背番号10・柴崎岳は第1ステージ制覇の要因をどう捉えているのか?
説得力のある小笠原満男の言葉。「本当の意味でのタイトル、喜びを味わえるように」
優勝したけど…鹿島のMF杉本太郎が抱える"強烈な後悔"
【鹿島】石井監督が完全優勝へ意欲十分!「第1Sの3分け2敗を勝ちにつなげる」
【川崎】殊勲の先制弾を決めた大塚翔平が口にした野心。「憲剛さんからポジションを奪ってやるという想いは常にある」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ