優勝したけど…鹿島のMF杉本太郎が抱える"強烈な後悔"

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年06月26日

「左足で打ちたかったですね。あれかぁ……」。杉本はため息混じりに、65分のシーンを振り返った。

スタメンに抜擢された杉本は、献身的に守備に貢献したが、攻撃では持ち味を発揮できなかった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1第1ステージ17節]鹿島2-0福岡 6月25日/県立カシマサッカースタジアム
 
 カイオの出場停止を受け、第1ステージ優勝を決める大一番でスタメンのチャンスを掴んだ杉本太郎は、左MFとして77分間プレーした。
 
「使ってもらった以上は、チームを代表していますし、責任や誇りを感じながらやっていました」との言葉通りに軽いプレーはなく、献身的に動き回ってスペースを埋め、身体を張った。2-0の無失点勝利に、「そこは最低限できたかなと思います」という守備で貢献したのは、動かしがたい事実だろう。
 
 とはいえ、杉本は、手応えよりも、後悔のほうが強いようだ。持ち味である攻撃面で力を発揮できなかったからである。
 
 本人が特に気にしていたのは、65分の決定機のシーンだ。遠藤からのラストパスをエリア内で受けた杉本は、一度切り返し、右足に持ち替えてシュートを打った。しかし、これがDFにブロックされてしまう。
 
「(あの場面は)左足で打ちたかったですね。あれかぁ……」
 
 ため息混じりにそう振り返った後、「後悔が残る?」との質問に「そうですね」と答えた。
 
 あるいは、あの場面で左足を振り抜いていたら、勝敗の行方を決定付ける3点目が生まれていたかもしれない。そのゴールは、成長途上の20歳の若者が自信を得る絶好の機会になっていたはずだ。それだけに、本人にとっても痛恨のワンプレーだったのだろう。
 
「チャンピオンシップを取らないと意味がないと思うので、それに向けて頑張ります」
 
 そう気持ちを切り替えてミックスゾーンを去った杉本は、優勝の喜びよりも後悔を抱えていた。そして、その悔しさを晴らすべく、第2ステージでの”リベンジ”を心に誓っているようだった。
【関連記事】
【PHOTO】鹿島が貫録のステージ優勝!小笠原、柴崎、金崎らの歓喜が弾ける
【J1採点&寸評】鹿島 2-0 福岡|“ツボ”を得たプレーで勝利に導いた鹿島の背番号40がMOM。2トップも質の高いプレーを披露。
鹿島が第1ステージ制覇!主力ふたりを欠きながらも福岡に2-0完勝
宇佐美貴史、柴崎岳、小林祐希、宮市亮――プラチナ世代に迫る”ラストチャンス”
涙のセレモニーで宇佐美がドイツ挑戦の決意を語る。「2度目は地面に這いつくばってでも――」
【川崎】殊勲の先制弾を決めた大塚翔平が口にした野心。「憲剛さんからポジションを奪ってやるという想いは常にある」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ