【鹿島】石井監督が完全優勝へ意欲十分!「第1Sの3分け2敗を勝ちにつなげる」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年06月26日

「昨年の広島さんが積み重ねた勝点74を上回りたい」

鹿島をステージ制覇に導いた石井監督。就任以降、ナビスコカップに続き2つ目のタイトル獲得となった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1・第1ステージ最終節] 鹿島 2-0 福岡 6月25日/カシマ
 
 事実上の「完全優勝宣言」と言っていいだろう。
 
 第1ステージ優勝を決めた試合後の監督会見。鹿島の石井監督は、第2ステージへの意気込みを問われ、こう答えた。
「まず第1ステージで優勝できてチャンピオンシップに出る権利を取れたが、まだシーズンは終わっていない。第2ステージは、第1ステージ以上の得点を取りたいし、失点も減らしたい。勝点も昨年広島さんが積み重ねた74点を上回りたい」
 
 第1ステージ優勝は通過点。昨年年間1位の座を獲得した広島を上回る勝点を目指すと語った指揮官の視線の先には、当然第2ステージ制覇、チャンピオンシップ制覇がある。
 
「第1ステージでは3分け2敗しているが、そこも勝ちにつなげたいと思っている。第2ステージは、第1ステージよりもさらにいい成績を残せるように戦っていきたい」
 
 ステージ優勝を果たしたとはいえ、2位の川崎とはいまだ勝点1差。年間トップの座を得るには、まだまだ安泰ではない。
 
 それでも、指揮官は福岡戦の37分に生まれた2点目のゴールに、チームとして積み重ねてきたものの確かさを感じ取っている。いったんは相手に渡ったボールを素早く敵陣ゴール前で奪い返して金崎→土居とつないでゴールを奪ったシーンだ。
 
「本当はもっと前からプレッシャーを掛けて相手を圧倒したかったが、これまで積み重ねてきた攻守の切り替えの部分がゲームに出て、得点につながったのは選手たちの意識が高いから」
 
 昨年、監督就任初年度でリーグカップのタイトルを手にして、2年目の今季早くもステージ制覇を成し遂げた。飛ぶ鳥落とす勢いの今なら、完全優勝さえも十分に射程圏内だと思わせる。
 
【関連記事】
「ライバルが躓いてくれた幸運もあったけれど」――背番号10・柴崎岳は第1ステージ制覇の要因をどう捉えているのか?
説得力のある小笠原満男の言葉。「本当の意味でのタイトル、喜びを味わえるように」
【J1採点&寸評】鹿島 2-0 福岡|“ツボ”を得たプレーで勝利に導いた鹿島の背番号40がMOM。2トップも質の高いプレーを披露。
「そうじゃなかったら移籍してるよ」 満身創痍のなかで戦う大久保嘉人が持ち続ける想いとは――
【川崎】殊勲の先制弾を決めた大塚翔平が口にした野心。「憲剛さんからポジションを奪ってやるという想いは常にある」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ