【岩本輝雄のオタクも納得!】“生きたキック”を蹴れる中村俊輔こそ真のプロだ

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2016年05月31日

危ない場面でも、そう感じさせないのがベテランのなせる業。

経験豊富な中澤(22番)や栗原(4番)の冷静で余裕のある振る舞いが、チームを落ち着かせて、勝利を引き寄せた部分はあったはずだ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 横浜が柏に3-0で完勝した試合(5月29日)を見て、ベテランの存在価値を再認識した。
 
 この試合、序盤からペースを握っていたのは柏のほうだった。持ち前のポゼッションをいかんなく発揮し、横浜ゴールに迫っていく。ポストを叩いた鎌田の強烈なミドルを含め、そのうちのどれかひとつが決まっていたら、結果は違ったものになっていたと思う。
 
 ホームの横浜は序盤、引き気味に構えて、劣勢を強いられていた。ただ、そのなかでも冷静にプレーしていたのが、CBでコンビを組む中澤であり、栗原だった。
 
 ピンチにさらされても、慌てるような素振りは見せない。ドンと構えて、柏の攻撃に対応する。あの流れの中でふたりが浮足立つようだと、チームに悪影響を及ぼしかねない。だけど、中澤も栗原も「大丈夫だから」と言わんばかりに落ち着いていた。
 
 攻められてはいるけど、“攻めさせている”という余裕がある。もしかしたら本当に危ない場面もあったかもしれないけど、そう感じさせない雰囲気を作り出せるのは、やはりベテランのなせる業なのだろう。
 
 一方が攻め込みながらも、なかなか決め切れずにいると、もう一方がワンチャンスを活かしてリードを奪う。サッカーではよくある展開だけど、まさにこの試合もそうだった。
 
 前半終了間際、俊輔のCKから中澤がヘッドで合わせて、横浜が先制に成功する。ここでもまた、活躍したのはベテランだった。
 
 俊輔のあのCKは、蹴った瞬間、ゴールにつながると思った。それぐらい完璧なキックだった。これは感覚的な部分だから上手く伝わらないかもしれないけど、全体重をボールに乗せてインパクトできていたから、ボールの軌道は寸分の狂いなく、文字通り“ピンポイント”だった。
 
 改めて触れるまでもないけど、俊輔のキックはまさに正確無比。やはり絶対的な「武器」があるのは強いと痛感した。それがゴールに直結するようなものであれば、なおさらだ。もちろん、中澤のヘディングの強さ、ボールの流し方も「武器」であることは言うまでもない。
 
 誰にも負けない「武器」があれば、年齢など関係なく、トップレベルで活躍できることを証明してくれたと思う。自分もキックには自信があるし、もう44歳だけど現役復帰を本気で考えてみようかと考えているよ(笑)。
【関連記事】
【J1採点&寸評】横浜×柏|中村―中澤の“ホットライン”が開通。試合巧者の横浜が若い柏を退ける
横浜はリオ世代不在もシドニー世代が健在! 中村のCKからボンバーヘッド炸裂でホーム初勝利!
【柏】ディエゴ・オリヴェイラが備えるエースとしての資質
アトレティコOB玉乃淳が見た、CL決勝の“非情な現実”
【鹿島】5月は首位・川崎を上回る“勝点13”。猛烈な巻き返しで逆転優勝に望みをつなぐ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ