横浜はリオ世代不在もシドニー世代が健在! 中村のCKからボンバーヘッド炸裂でホーム初勝利!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年05月29日

横浜が中村のCKから3発!

中村のCKから中澤がニアで合わせ、ゴールに流し込んだ。横浜が先制点を奪う。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1リーグは5月29日、第1ステージ14節の9試合を開催。日産スタジアムで行なわれた横浜対柏は、3-0で横浜が勝利を飾った。

 13時キックオフの暑さのなかでの戦い。存在感を見せたのは、横浜のベテラン勢だった。

 横浜はこの日、トゥーロン国際に臨んでいるU-23日本代表の富樫、喜田、前田の3人が欠場。とりわけ喜田の不在は開幕から不動の存在だっただけに、横浜にとっては大きな痛手となった。

 序盤から柏がボールを支配するなかで、横浜は劣勢に立たされた。15分には鎌田にポスト直撃のミドルを放たれ、あわや失点の場面も。しかし、柏の攻勢を耐えた横浜は前半終了間際にチャンスを迎える。齋藤のチャンスメイクからCKを奪うと、キッカーは中村。その鋭いキックに、ニアサイドで中澤が合わせた。

「相手は守備が堅いチーム。こういう試合で勝負を決めるのはセットプレーだと思っていた」

 そう語った中澤の今季2ゴール目で横浜が先制。リオ世代が不在のなか、シドニー五輪世代のベテランふたりが健在ぶりを示した。

 前半を1点リードで折り返した横浜は、52分にも中村のCKから齋藤がこぼれ球を鮮やかなワンタッチボレーで叩き込み2-0とする。さらには88分、またも中村のCKの流れから、今度は韓国のリオ世代であるパク・ジョンスが押し込んで3点目を奪う。中村はセットプレーで3得点に絡む活躍を見せた。

 結局、横浜が3-0で柏を一蹴。横浜は2連勝を飾るとともに、ホームでの今季初勝利を飾った。
【関連記事】
小林祐が3戦連続ゴール中。柏木、遠藤も好調を維持――日本代表戦士の近況|国内組編
【セルジオ越後の天国と地獄】代表初招集となった小林、大島への過度な期待は禁物だよ
ハリルは才能重視? 宇佐美、浅野の招集に見るアタッカーの選定条件
キリンカップに挑む日本代表25人のポジション別序列は? CFは岡崎も絶対ではない!?
【写真で振り返るCL決勝】ともに全ての力を出し切った究極の「マドリード・ダービー」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ