【J1採点&寸評】横浜×柏|中村―中澤の“ホットライン”が開通。試合巧者の横浜が若い柏を退ける

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2016年05月29日

セットプレーから3得点。なかでも前半終了間際の“ボンバーヘッド”は秀逸。

【警告】横浜=遠藤(13分)、栗原(24分) 柏=中谷(37分)、鎌田(86分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】中澤佑二(横浜)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
横浜 6.5
ボール支配率で下回るなか、中村のキック力、セットプレーの強さという自分たちのストロングポイントを如何なく発揮。スコアほどの快勝ではないにしても、堅守も含めた試合巧者ぶりで若い柏を退けた。
 
柏 5
失点はすべてセットプレー絡み。流れのなかでは崩されていないと見ることもできるが、ゾーンディフェンスに隙があったのは事実で、同じ失点を繰り返した心象はあまりに悪い。攻撃においても好調時に比べて連動性を欠いた。
 
【マッチレポート】横浜はリオ世代不在もシドニー世代が健在! 中村のCKからボンバーヘッド炸裂
 
【横浜|採点・寸評】
GK
1 榎本哲也 6
15分、鎌田のロングシュートを指先で触ってわずかにコースを変えたプレーがハイライト。こぼれ球の落ちた先が良かった運にも恵まれた。
 
DF
4 栗原勇蔵 6
昨年4月以来のホームでスタメン出場。中澤とのコンビで堅固な牙城を築き、地上戦・空中戦ともにソツなくまとめた。本人も「しっかり守っているから流れが来る」と手応えを語った。
 
13 小林祐三 6
どっしりと構え、相手を迎え撃つスタンス。縦に行かせず、中央に誘導して囲い込む守備で柏の攻撃をスローダウンさせた。終盤、中町に送ったピンポイントクロスの精度も高かった。
 
22 中澤佑二 6.5  MAN OF THE MATCH
前半終了間際に、中村のCKに飛び込んで“ボンバーヘッド”をお見舞い。守っては、D・オリヴェイラとの肉弾戦でも絶妙な駆け引きで封じ、無失点に抑えた。攻守で良い流れを生んだ活躍を高評価。
 
23 下平 匠 6
サイドハーフと連係して伊東をマーク。フェイクにも簡単には引っかからず、抜かれても粘り強く食らいついてクロスの精度を落とさせた。
 
MF
2 パク・ジョンス 6
D・オリヴェイラに振り切られ、ピンチを招く場面こそあったが、前線へのロングフィードを通すなど、中盤のスパイスに。88分には、リーグ戦初ゴールを決めた。
 
8 中町公祐 6.5
中川を重点的にケアして柏の攻撃の自由を奪い、前線へのクサビにも鋭く反応。攻撃でも、こぼれ球にいち早く反応してパク・ジョンスの得点を演出するなど、安定した働きぶりだった。強いて言えば、70分の小林のクロスに合わせたダイレクトボレーは決めたかった。
 
10 中村俊輔 6.5(90分OUT)
会場を沸かせた、卓越したボールコントロールと鮮やかなサイドチェンジは芸術の域。中澤に合わせたCKの質も見事で、巧みにゲームを支配した。両軍で最も多く走った運動量も見逃せない。
 
11 齋藤 学 6
立ち上がりは対面の鎌田に手を焼いていたが、20分過ぎから自身の判断で右サイドへ。ポジションチェンジ以降はボールを触る回数が増え、シーズン4点目も挙げた。1試合を通しての波を減らしたいところだ。
 
18 遠藤渓太 6(74分OUT)
11節以来のスタメン出場。チームのファーストシュートを放ち、サイドで違いを作っていたが、55分に相手DFを振り切ってゴールに迫った場面でパスを選択したことには、中村やモンバエルツ監督からも甘さを指摘された。
 
FW
16 伊藤 翔 5.5(77分OUT)
9分、後方からのロングフィードに抜け出して迎えたチャンスでパスを選択。カットされて相手にリズムを渡した結果を考えても、FWならばシュートに行く積極性がほしい。
 
 
交代出場
DF
5 ファビオ 6(74分IN)
本来のCBではなく、中盤の底で出場。中町やパク・ジョンスのサポートも受けながら、危なげなく柏の反撃を凌ぎ切った。
 
FW
9 カイケ ―(77分IN)
伊藤に代わって1トップで出場。中谷にパワー負けするなどボールを収められず、シュートも0本。与えられたチャンスを活かせなかった。
 
MF
7 兵藤慎剛 -(90分IN)
試合の大勢が決した場面での起用だったが、最後までボールを追い、「試合を終わらせる」役目を全う。腐らずにチャンスを待つ姿勢を中村からも評価された。
 
監督
エリク・モンバエルツ 6
采配が的中したというよりは、選手たちの判断やプレーが良かった印象。それでも、試合終盤にファビオを投入して中盤に厚みを増す4-5-1システムはまずまず機能していた。

中澤(22番)は中村のCKにドンピシャのタイミングで“ボンバーヘッド”をお見舞い。「ボンバーはニアに来るからね」と話す中村との阿吽の呼吸は見事だった。 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

【関連記事】
【横浜】ポジティブとネガティブの境界線――18歳のルーキーが直面する「結果」へのジレンマ
【横浜】世界も認める“名手”俊輔がPKを蹴らなかった理由
【横浜】ただのシンデレラストーリーでは終われない――。「FWとして恐さが足りない」と猛省する富樫が自分に課す課題
【柏】ディエゴ・オリヴェイラが備えるエースとしての資質
【柏】待望のJ1初ゴールを挙げた山中亮輔。自慢の左足を武器に再起を期す

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ