【ACL採点&寸評】浦和 1-0 FCソウル|MOMは好守連発のGK西川! 決勝弾の宇賀神「みんなの気持ちが乗り移ったゴール」

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年05月18日

西川がいなければ、勝てなかった――。

【警告】浦和=李(36分) FCソウル=高萩(58分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】西川周作(浦和)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
浦和 6.5
序盤からボールを支配しながら試合を進め、森脇からの大きなサイドチェンジにダイレクトで合わせた宇賀神の「クロスの折り返しだった」というショットが運よく決まり先制。その後はFCソウルのカウンターに手を焼いた。決定機数では3対5で相手のほうが上回ったが、GK西川のビッグセーブや遠藤や槙野の身体を張った守備で凌ぎ切った。

【ACL PHOTO】浦和 1-0 FCソウル 宇賀神のゴールを守った浦和が先勝

【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 8
西川がいなければ、勝てなかった。大会通算10ゴールを決めているアドリアーノの抜け出しに、必ず一歩早く対応。後半は決定的なシュートを幾度となく止めた。何本かあったリスク覚悟の危ういキックミスを霞めるぐらい、守備に関してはクロスへの対応やポジショニングを含めほぼパーフェクト。前半のリズムの悪さをしっかり修正し、勝負どころの試合終盤に高い集中力を発揮した点も評価したい。Kリーグ首位チームの強力アタッカー陣の前に立ち塞がり、浦和の「ナンバー1」の存在感が一段と増した。

DF
46 森脇良太 7.5
タッチライン沿いから斜めにスパッとピッチを切り裂くサイドチェンジで、宇賀神のゴールをアシスト。また、嫌らしい位置にクサビのパスを確実に送り、出るか出まいか相手DF陣とMF陣を困らせた。
 
6 遠藤 航 7
アドリアーノの反転からの素早い動きに何度か振り切られかけたが、粘って対応。40分には、そのアドリアーノのシュートコースに身体を投げ出し、間一髪防いだ。終盤のゴール前で混戦になる危うい状況でも、ミスやファウルをせず冷静にピンチを切り抜けた。
 
5 槙野智章 6.5
攻撃参加は自重して、2トップ+高萩の攻撃に対応。後半途中からは高萩が同サイドから仕掛けてきて手を焼いたが、危険な場面ではよく踏ん張って耐え抜いた。

再三のビッグセーブを見せた西川が勝利の立役者に。彼の活躍がなければ、勝利はあり得なかった。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

【関連記事】
【浦和】宇賀神に幸運なゴールをもたらした『スパッツ事件』と『ビラ配り』。「思っていた以上に、手にとってもらえず…」
【ACL】浦和がFCソウルに先勝。宇賀神の"衝撃弾"が決勝点に
【浦和】三菱マークが消える? レッズが直面する3つの問題を改めて整理する
【浦和】韓国人選手の「許されない行為」で乱闘寸前に。笑顔の守護神・西川周作が大激怒
【浦和】向かい風にノブの癖――。柏木陽介が明かす鮮烈ドライブ弾を成功させた背景とは?「右足にはけっこう自信があった」
ミラン番記者の現地発・本田圭佑「リトル・ホンダが薦めたクラブとはいえ、さすがに愛想を尽かしても不思議はない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ