【浦和】宇賀神に幸運なゴールをもたらした『スパッツ事件』と『ビラ配り』。「思っていた以上に、手にとってもらえず…」

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年05月19日

ラッキー弾の真相。「狙っていた形ではないけれど、あの動き出しには意味がある」。

開始14分、森脇のサイドチェンジにダイレクトで合わせる。「中央に合わせるはずだったが……」そのまま直接ゴールに決まった。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「正直な話をすれば、中央に走り込んでいる選手がいたので、クロスで合わせようと思った。しっかり折り返せなかったところは、むしろ反省している。ゴールはおまけ。ただ、勝利に貢献できたことは素直に嬉しく思う」
 
 5月18日のACL決勝トーナメント1回戦ファーストレグ・浦和―FCソウル戦。試合開始から浦和がボールを支配し、パスをつないで攻撃のリズムを作った。一方のFCソウルは5バック気味でゴール前を固め、どのように反撃の手を打つべきか思案している様子だった。
 
 主導権を握る間に、いかにソウルゴールを攻略すべきか――。浦和は変化を加えながら、敵陣にできた隙を突こうとする。
 
 迎えた14分、右サイドのハーフライン付近でボールを持ち上がった森脇良太が、逆サイドを駆け上がった宇賀神友弥に向けて、ピッチを対角線に貫く弾丸のようなサイドチェンジのキックを放つ。
 
 宇賀神は相手DFを振り切ってトップスピードに乗り、ダイレクトで左足に合わせる。すると勢いに乗ってゴールラインに向かったボールは、幸運な形でFCソウルのサイドネットを揺らし、浦和の先制ゴールとなったのだ。
 
 結果、これが決勝点になる――。宇賀神は前述のようにこのラッキー弾の真相を明かした一方、次のようにも分析していた。
 
「(ペトロヴィッチ体制下のACLでは)韓国勢に勝てていないことは知っていた。まず、球際では絶対に負けない。その気持ちを、誰もが見せていた。そんなみんなの気持ちが乗り移ったゴールだったと思う。
 
 宇賀神は続ける。
 
「『動き出し』がすべてだった。何度も練習で繰り返していること。動き出したところに、モリ(森脇)がキックを放ってくれた。狙っていた形ではなく、納得はしていないけれども、あの動き出しに意味があった」
 
【PHOTO ACL浦和1-0FCソウル】 宇賀神のゴールを守った浦和が先勝。

 ACLのスポンサーが選定するマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)を受賞したが(本誌選定のMOMは西川周作)、「この賞はいつか獲りたいとずっと思っていた。それだけに、もっとちゃんとした形で欲しかった」と背番号3のウイングバックは、苦笑いを浮かべてもいた。
 
 その後も72分にズラタンと交代するまで、球際では負けん気の強さを発揮。それでも「後半、同じような場面でクロスを合わせられなかった」と幸運なゴールに浮かれることなく、むしろ、このままではいけないという危機感を強めていた。
 
【関連記事】
【浦和】痛恨2失点…昨季と何が違う?柏木陽介が語った「強いチームになれない」理由
【ACL採点&寸評】済州×浦和|3-5-2の奇襲は不発。再三カウンターを浴びたなかで奮闘したのは…
【セルジオ越後】ハリルの選手選考は矛盾が多すぎる。森重を外したのなら、なんで本田を選んだの?
【セルジオ越後の天国と地獄】不祥事を起こした三菱自動車。もし浦和の‘‘親会社”が代わったら、クラブの方針がどうなるか気掛かりだ
【浦和】韓国人選手の「許されない行為」で乱闘寸前に。笑顔の守護神・西川周作が大激怒

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ