【浦和】向かい風にノブの癖――。柏木陽介が明かす鮮烈ドライブ弾を成功させた背景とは?「右足にはけっこう自信があった」

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年05月09日

悪い流れのなか訪れた44分のチャンス。「短い時間のなかで、動きを修正できた」

前半終了間際、柏木が咄嗟の判断で駆け上がり、利き足とは逆の右足で鮮烈なドライブ弾を叩き込んだ。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 超満員のNACK5スタジアムで2年ぶりに行なわれた「さいたまダービー」は、首位の浦和が好調だった大宮に1-0の勝利を収めた。これで公式戦12試合連続負けなしだ。
 
 前半は大宮の高い位置から掛けてくるプレッシングに苦しんだ。「相手の先発メンバーを見た時、『これはプレッシング優先で来るな』というのは分かった」と槙野が振り返ったように、ムルジャ、ペチュニクら助っ人陣をベンチに置いて“浦和封じ”の対策を練ってきたのは明らかだった。
 
 ボランチの柏木もいくつかの打開策を試みた。
 
「相手も真ん中をしっかり固めてきて、バイタルエリアでフリックしたところを奪われカウンターを食らってしまい、『これは狙われているな』と感じた」
 
 背番号10はショートパスにこだわらず、早めにロングフィードを放つなど攻撃のテンポを変えようと努めた。しかし、それでも上手く行かず、逆にミスからボールを失い、大宮アタッカー陣のスピードを活かして畳み掛けようとするカウンターに後手を踏んだ。
 
 では、どうするか?

 【大宮 0-1 浦和 PHOTO】さいたまダービーの激闘を30枚の写真で振り返る
 
 ここで昨季とはひと味違う柏木の判断が冴える。決勝弾が叩き込まれたのは、前半終了間際の44分だった。
 
 両チームともに一瞬のミスが致命傷になりかねない綱渡り状態が続いた。ならば、先に一瞬の隙を突けばいい――。昨季までには見られなかった、リスク覚悟の“強気”な柏木が試合を動かした。
 
 大宮の最終ラインがバランスを崩している間に、センターライン付近でFKを得る。李が素早くリスタートして前線にフィードを放つと、自陣にいた柏木も猛スピードで駆け上がる。ファウルでFKを与えた大宮のCB菊地は最終ラインまで戻り切れていない。

 柏木は岩上にプレスをかけてボールを奪い、武藤につなぐ。武藤は奥井のマークを振り切って右足で横パス。そして約22㍍の位置から柏木が右足を振り抜き、ハーフボレーによるドライブ弾を叩き込んでみせたのだ。
 
 柏木は次のようにゴールシーンを振り返った。
 
「リスタートした後、武藤の近くに向かって走り、パスで絡もうと思った。でも、ごちゃっとしたので(武藤と奥井が競り合ってもつれる)、動き直したらそこに武藤からのパスが来た。短い時間のなかで、動きを修正できた」
 
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】大宮×浦和|白熱のさいたまダービーは、「今季一番苦しんだ」浦和が勝利。右足のハーフボレーを叩き込んだ柏木陽介をMOMに選出
【浦和】韓国人選手の「許されない行為」で乱闘寸前に。笑顔の守護神・西川周作が大激怒
【浦和】「不可能はないと証明してくれた」元レスター戦士の阿部勇樹が、古巣の快挙を喜ぶ
【セルジオ越後の天国と地獄】不祥事を起こした三菱自動車。もし浦和の‘‘親会社”が代わったら、クラブの方針がどうなるか気掛かりだ
【J1順位表】浦和が4連勝で首位をキープ! 川崎は柏の6連勝を阻止して勝点1差の2位につける

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ