本田圭佑の今夏の去就は? セリエAの新潮流に乗り、MLS挑戦も視野に入るか

カテゴリ:海外日本人

弓削高志

2016年05月12日

ミランとの契約は17年6月まで。『コリエレ・デッロ・スポルト』紙は、「プレミアリーグからの関心はなお高い」と報じた。

在籍2年4か月で4度目の監督交代を経験した本田。ブロッキ新監督からの信頼を勝ち取り、ここ3試合スタメン出場を果たしているが……。(C)Getty Images

画像を見る

 夢には必ず終わりがある。ミランで夢を描いてきた本田も、いつか目を覚ます瞬間が訪れる。

 まず、本田がミランと結んでいる契約は17年6月まで。つまりあと1年。クラブにとってはちょうど「売り時」なタイミングだけに、今夏の移籍はあながちあり得なくはない話なのだ。しかも本田を取り巻く状況は、刻一刻と変化している。

 来季のEL(ヨーロッパリーグ)の出場権獲得を狙うミランは32節のユベントス戦を1-2で落とすと、ミハイロビッチ監督を解任。プリマベーラ(U-19チーム)で指揮を執るブロッキを昇格させる荒療治に出た。

 ミラン入団から2年4か月、本田が直面する解任劇は早くも4度目だ。SVホルンの実質オーナーとしての顔を持つ本田だが、現場の意向を無視して進められるフロントの強引な経営方針や内紛に、愛想を尽かしても不思議はない。

 気の早い現地紙『コリエレ・デッロ・スポルト』は4月14日付で本田の今オフの去就について、「過去にトッテナムとエバートンがオファーを検討したように、プレミアリーグからの関心はなお高い」と移籍を匂わす記事を掲載した。現実味に乏しい内容ではあったが、本田には常にプレミア行きの噂が上がる。
 
 一方、やはり出番が減少した今冬、サン・シーロのプレスルームで番記者たちが囁き合っていたのが、「本田の移籍先はトルコ、ギリシャ、MLS(メジャーリーグ・サッカー)あたりか」という噂だった。
 
 それから時間が経ったものの、本田の選択肢に確実に入っていると見られるのがMLSだ。というのも近年、MLSはセリエAでプレーするビッグネームにとって、移籍先のトレンドとして定着しつつあるのだ。
 
 15年2月、ユベントスの控えに甘んじていた28歳のジョビンコがトロントに年俸850万ドル(約9億円)という破格の高待遇で移籍し、イタリア中に大きな衝撃をもたらした。さらに昨夏、絶対的な司令塔としてユベントスにリーグ4連覇と2冠をもたらしたピルロがNYシティに移籍して大きな話題を集めた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ