現地ベテラン記者が香川真司を密着レポート「絶好調の香川以上に、いま注目を集めているのは…」

カテゴリ:連載・コラム

マルクス・バーク

2016年05月05日

香川の活躍は陰に隠れてしまっている。

ヴォルフスブルク戦で1得点・1アシストと大活躍した香川だが、いまファンがもっとも関心を寄せているのは……。(C)Getty Images

画像を見る

 香川真司が、ここにきて調子を上げている。試合を決定づける重要なゴールを決め、チームメイトの得点をアシストしているのだ。
 
 しかし残念ながら、彼の活躍は陰に隠れてしまっている。例えば1ゴールを挙げた26節のマインツ戦後には、1人のファンの悲劇的な死と、それに対するファンの反応が取り上げられた。
 
 3年連続のファイナル進出に大きく貢献したDFBカップ準決勝のヘルタ・ベルリン戦後に注目を集めたのが、マッツ・フンメルスが自身の去就について語ったインタビューの内容で、先週の木曜日以降は彼がバイエルンへの移籍を願い出たという話で持ち切りだ。
 
 それゆえ、1得点・1アシストを決めた32節のヴォルフスブルク戦のセンセーショナルな活躍も完全に薄れてしまった。仕方ない側面はあるが、残念でもある。
 
 同じくいま熱視線を浴びているのが、バイエルン退団が取り沙汰されるマリオ・ゲッツェだ。仮に彼がドルトムントに戻ってきたとしても、香川はチームに残るだろう。来シーズンにチャンピオンズ・リーグとブンデスリーガの二足の草鞋を履くことを考えれば、ドルトムントがこのアタッカーを手放すはずがない。
 
 バイエルンへの移籍願望を口にしたフンメルスは、ヴォルフスブルク戦でサポーターから大ブーイングを浴びた。そうしたファンの態度に怒っていた記者も中にはいたが、私は仕方ないと思う。主力選手がライバルクラブへの移籍を望めば、ファンが失望するのは当然。そしてその思いは表に出すべきだと思うし、それを表現するには試合という舞台が適している。
 
 とはいえ、だ。試合終了直前とその後のファンの振る舞いは残念だった。それについては、トーマス・トゥヘル監督のコメントが的を射ている。
 
「ブーイングと罵倒は違う。あれは限度を超えている」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ