CL決勝進出も悔しさを滲ませたC・ロナウド。試合後にはチームから距離を置き…

カテゴリ:ワールド

白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)

2016年05月05日

まるで「俺が試合を決めてやる。だから引くな」と言わんばかり。

両チーム最多の5本のシュートを放ちながら、ノーゴールに終わったC・ロナウド。復帰初戦だっただけに、コンディションがいまひとつだった。 (C) Getty Images

画像を見る

 5月4日(現地時間)のチャンピオンズ・リーグ(CL)準決勝セカンドレグ。ガレス・ベイルが放ったシュートがフェルナンドの足に当たって決まった20分のオウンゴールが決勝点となって、レアル・マドリーがマンチェスター・シティを1-0で下し、ファイナル進出を決めた。

 戦前から大きな注目を集めたのが、クリスチアーノ・ロナウドだ。
 
 右太腿を痛めて戦線離脱し、チームの全体練習に加わったのは試合の3日前。シティとのファーストレグを含めて直近3試合を欠場し、公式戦出場は4月20日以来、2週間ぶりだった。コンディションは決して万全ではなかっただろう。
 
 実際、この日は両チーム最多の5本のシュートを放ちながらゴールはなし。ヘディングには類稀なバネが、キックには規格外のインパクトの強さが、絶好調時と比べればやや欠けていたように見せた。
 
 それでも、左サイドからセンターを中心に動き回ってパスを引き出し、ドリブルの切れ味もまずまず。56分にヘセと代わったルーカス・バスケスが右サイドに入り、ガレス・ベイルが左サイドに回って以降は、CFにポジションを移し、事実上の1トップとしてシティ守備陣に脅威を与えた。
 
 印象的だったのが、74分のワンシーン。ファーストレグがスコアレスドローだったため、マドリーはこのまま1-0で勝てば決勝進出が決まる一方、失点して1-1で終わればアウェーゴールの差で敗退する。
 
 そのため、ホームチームは失点の恐怖に苛まれたか、この前後の時間帯は、自陣の低い位置に守備ブロックを敷く受け身の陣形を取っていた。
 
「上がれ! 前からプレスしろ!」
 
 その中で最前線のC・ロナウドだけは、身振り手振りをまじえてチームメイトにそんな支持を送っていた。まるで、「俺がもう1点取って、試合を決めてやる! だから引くな!」と言わんばかりに。
【関連記事】
ミラン番記者の現地発・本田圭佑「血迷った上層部、ブザマなチーム、怒るファン……悪夢のシーズンの後のミラン、そして本田の動向は?」
【バイエルン 2-1 アトレティコ・マドリー|採点&寸評】猛攻バイエルン抑えて決勝へ進んだアトレティコの驚異的な我慢強さと勝負強さ
【CL準決勝】ワンチャンスをモノにし、バイエルン撃破の立役者となったグリエーズマン「非常に重要なゴール。最高の気分さ」
【プレミアリーグ優勝記念アーカイブ】レスターと岡崎慎司の栄光の軌跡を試合ごとに振り返る
【浦和】「不可能はないと証明してくれた」元レスター戦士の阿部勇樹が、古巣の快挙を喜ぶ
【岡崎慎司|独占インタビュー】プレミア優勝決定!! レスター躍進の要因は?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ