【J1採点&寸評】柏×神戸|U-23コンビが躍動! 山中がJ1初得点、伊東が2戦連発。柏がリーグ戦4連勝を飾る。

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2016年04月30日

FKで先制点を挙げた山中と2試合連続ゴールの伊東を高く評価。

【警告】柏=D・オリヴェイラ(35分) 神戸=渡邉(6分)、三原(12分)、伊野波(29分)、相馬(45+1分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】山中亮輔(柏)

画像を見る

ベテランの鎌田(2番)と大谷(7番)が勢いある若手を支えているのも好調の要因のひとつだ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト編集部)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
柏 6.5
山中のFKで先制すると、その後も落ち着いてボールを動かし主導権を握った。攻守のたびに変わるシステムにも選手が柔軟に対応し、戦術浸透度の高さを窺わせた。決して快勝とは言えないが、若手の勢いと勝負強さを見せつけた。

神戸 5.5
渡邉、レアンドロ、P・ジュニオールという強力3トップを並べたが、中盤の人数が減ったことで攻守でうまく噛み合わなかった。またファウルでFKを与え、自らリズムを崩した印象だ。

【PHOTOギャラリー】 山中、中村、岩波、伊東、中谷… 躍動したU-23の選手たち​

【柏|採点・寸評】
GK
23 中村航輔 6
前半に高橋峻との1対1を止め、ガッツポーズ。危ない場面は少なかったが、気合いを感じるセービングで無失点に貢献した。

DF
2 鎌田次郎 6
ここまで5試合5ゴールと好調の渡邉を封殺。スルーパス、ドリブルなど前への選択肢を消す絶妙なポジショニングだった。

4 中谷進之介 6.5
レアンドロを何度も止めただけでなく、SBのカバーリングも的確だった。最終ラインからのビルドアップも板についてきたようで、安心して見ていられた。

14 伊東純也 6.5
2人目、3人目のDFに引っ掛かりボールを奪われるシーンも見られたが、対面の相馬を翻弄した点は評価できる。53分にはゴール前に顔を出し、こぼれ球に反応すると冷静にゴールに流し込み2試合連続ゴール。

29 中山雄太 6
19歳とは思えない落ち着きと自信に満ち溢れたプレーだった。バイタリエリア付近でレアンドロとの1対1にも勝利し、相手のエースに仕事をさせなかった。

MF
6 山中亮輔 6.5 MAN OF THE MATCH
長距離を駆け上がり、クロスで攻撃を活性化させた。14分にはFKで際どいボールを蹴りこみ、先制点を挙げる。その後のFKのチャンスではゴールの遥か上に外したが、J1初ゴールを記録し、満足できる復帰戦となった。

8 茨田陽生 6(71分OUT)
主に中盤の底でボールを散らし、バランスをとった。守備では、44分にP・ジュニオールの突破を巧みなスライディングで食い止め、未然にピンチを防いだ。
 
15 武富孝介 5.5(80分OUT)
ボールが足につかずターンに失敗。攻撃では物足りない出来だっだが、試合をとおして精力的に広い範囲を走り回り、守備で貢献した。

19 中川寛斗 5.5
伊東とのコンビで右サイドを崩しにかかったが、ワンツーのパスがずれるシーンも見られた。連係の向上は課題だ。反面、この日も前線からボールを追いかけ回し、神戸守備陣にとっては嫌な存在になった。

25 小林祐介 5.5
精力的に中盤からサイドまで広い範囲をカバーしたため、寄せがワンテンポ遅れる場面も。ボールを奪われる回数は少なかったが、奪う回数も多くはなかった。

FW
11 ディエゴ・オリヴェイラ 6(85分OUT)
ポストプレーヤーとして身体を張った。前半は、伊野波、岩波のCBコンビと三原の囲い込みに苦慮していた印象。神戸が前がかりになった後半はスペースが空き、得意のドリブルで推進力をもたらした。

交代出場
MF
7 大谷秀和 6(71分 IN)
怪我を考慮し、後半途中から中盤の底でプレー。流れを読み、うまく試合に入った。またバランスをとるだけでなく、ゴール前に持ち出す果敢な姿勢も見られた。

FW
9 田中順也  5.5 (80分 IN)
この日はFWではなく左サイドハーフとして起用される。左足のシュートを打つ機会はなく、ラストパスがずれたりとディティールに粗があった。

FW
10 大津祐樹 6(85分IN)
サポーターの声援を背にピッチに入ると、サイドに大きく開いてボールを引き出し、やや勢いが衰えてきた攻撃を復調させた。ただ、シュートまで運ぶことができなかったのは悔やまれる。

監督
下平隆宏 6.5
山中の先発起用が奏功し、FKからの先制点を引き出した。基本的な4バック、また中谷、鎌田、中山を残し、山中を高い位置に上げる戦術や、大谷投入後はビルドアップ時に3バックにするなど様々なシステムを柔軟に活用した。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【関連記事】
【柏】「7戦未勝利」から一転して「5連勝」。劇的な上昇曲線を描く柏に、なにが起きたのか
【J1採点&寸評】浦和×名古屋│李がボレー弾を叩き込み、芸術的パスを連発。両翼をこなした関根も評価。名古屋は守備が決壊――
【J1採点&寸評】FC東京×福岡|値千金の決勝弾を叩き込んだウェリントンをMOMに。CBの森重はロスタイムにまさかの…。
【J1採点&寸評】大宮×鹿島|終始押し込まれる展開を耐えに耐えた大宮が勝点1をもぎ取る
【J1採点&寸評】仙台×鳥栖|前半終了間際の石川直の退場で荒れた内容に。鳥栖の豊田は圧巻の2ゴール!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ