• トップ
  • ニュース一覧
  • 【浦和】首位攻防の舞台裏、阿部勇樹が明かす『中村憲剛-大久保嘉人』ホットラインをどのように寸断させたのか?

【浦和】首位攻防の舞台裏、阿部勇樹が明かす『中村憲剛-大久保嘉人』ホットラインをどのように寸断させたのか?

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年04月25日

印象的な試合中の「構え」。多くの時間、半身の姿勢をとり、常に首を左右に振って注意を怠らなかった。

チケットは完売。メインスタンドがリニューアルされた満員の等々力競技場に入場する阿部。緊張感が伝わってくる。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 川崎-浦和戦のあと、選手が取材に応じるミックスゾーンで、阿部勇樹が中村憲剛と出くわすと、互いに軽く微笑んで健闘をたたえ合った。チームであり、Jリーグを代表するボランチ、そして主将同士。言葉にしなくても分かり合える充実感が漂っていた。
 
「自信にもなるし、やり続けていくべきことも、課題も見えてくる。大きな1勝? うーん、1勝は1勝。ただ、無敗だったチームに勝てたという意味では大きいと思う」
 
 浦和が開幕からリーグ7戦無敗だった川崎に1-0の勝利を収め、首位の座を奪い返した。鋭利なカウンターから危うい場面を作られたものの、結果的に与えた決定機はわずか1回。最後まで集中を切らさず、武藤雄樹が決めた貴重な1点を守り切った。そんな大一番を、阿部はクールに振り返った。
 
 この試合の阿部の走行距離11.514㌔は、柏木陽介の11.790㌔に次いで出場選手中2位。最終ラインをケアしながらビルドアップに加わるという、攻撃と守備をつなぐリンクマンとしてチーム全体を統率し、前線にパワーをもたらした。
 
 印象に残っているのが、試合中の「構え」だ。阿部は多くの時間、半身の姿勢をとり、常に首を左右に振って注意を怠らなかった。

 その視界に常に捉えていたのが、中村憲剛であり大久保嘉人だった。ふたりに仕事をさせないため、川崎自慢のホットラインを寸断しようとする絶妙なポジション取りをしていた。
 
 さらにその間隙を縫って、スピードとキレのある小林悠が飛び込んでくる。中村の周りでは、大島僚太がショートパスを散らしてアクセントをつける。阿部は「ホットライン」を牽制しつつ、それぞれ異なる武器を持つ厄介なタレントたちをケアしなければならなかった。
 
 それでも阿部は相手が強力であることを喜ぶように、持てる力を余さず出しきって立ちはだかった。
 
 19分、敵陣でパスによる崩しを止められると、こぼれ球を拾った中村から素早く大久保と小林の2トップへフィードが放たれる。パスが通れば、致命的なピンチになりかねない。そこで身を挺してボールを弾き返したのが、22番――阿部だった。
 

 
【関連記事】
【J1採点&寸評】川崎×浦和|決勝弾の武藤に加え、遠藤と阿部が最高点の「7」。敗れた川崎は最低点の「5」が4人
【J1】浦和が川崎撃破で首位交代! 殊勲弾の武藤は「浦和の強さを見せられた」
【ランキング】J1リーグ新戦力「稼働率TOP 30」を中間発表!――1位は浦和、磐田、仙台、鳥栖、福岡の5人
【浦和】“今年最も走った”主将の阿部勇樹が関根貴大ら若手に背中で伝えた想い。「プロになる前からの仲間」という引退宣言した鈴木啓太と交わした約束とは?
【川崎】首位奪還の川崎、優勝確率「80%」~過去の事例に見る第1ステージ優勝のジンクス~
【浦和】アジアキラー武藤雄樹が見せた、「ごっつぁんゴールだったね」という不躾な質問への文句なしの切り返し
【浦和】好調の秘密は「シュートを打たせない」鉄壁の守備。槙野は「新聞で“大久保嘉人節”が楽しみ」と饒舌
【横浜】ただのシンデレラストーリーでは終われない――。「FWとして恐さが足りない」と猛省する富樫が自分に課す課題

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ