• トップ
  • ニュース一覧
  • 【浦和】アジアキラー武藤雄樹が見せた、「ごっつぁんゴールだったね」という不躾な質問への文句なしの切り返し

【浦和】アジアキラー武藤雄樹が見せた、「ごっつぁんゴールだったね」という不躾な質問への文句なしの切り返し

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年04月06日

「チャンピオンになれる力があると証明できた」

今大会3点目。アジアキラーぶりを発揮した武藤は、「チャンピオンになれる力があることを証明できた」と自信をつけた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 そこにいたのは、またも浦和の背番号9――武藤だった。
 
 劇的な勝利を収めた4月5日のACLグループステージ、埼玉スタジアムでの広州恒大戦。前半と同様に、後半も序盤はアジア王者が優勢に試合を進め、徐々に浦和がその隙を突きながら主導権を握り返していった。
 
 迎えた52分、何度もドリブル突破からチャンスを作っていた関根の右サイドからのクロスが、逆サイドにいた宇賀神につながる。そして宇賀神の「シュートを狙った」というボールが、「ゴール前に詰めていれば、チャンスになると思っていた」という武藤のもとへ飛ぶ。
 
 背番号9は素早く反応。腰を落として相手DFの前に入ってヘディングで合わせ、広州ゴールをこじ開ける。その瞬間を待ち侘びていた、埼玉スタジアムを真っ赤に染めた情熱的なサポーターの歓喜が爆発する――。
 
 これで今大会通算3ゴール目。日本代表として昨年の東アジアカップで得点王に輝いているが、このACLでも“アジアキラー”ぶりを発揮している。 武藤は頷く。
 
「押し込んだり、かっさらったり、決して綺麗な形ではないけれども、僕は常にゴールを狙っている。日本よりも外国のチームのほうが、ルーズな部分があるので、自分の良さを出せているのかもしれない。『今日は行ける』という手応えがあり、ゴールを奪えると思っていた」
 
 武藤が務めるのが、2列目の左シャドーのポジションだ。その左サイドでコンビネーションを高める相手は、流通経済大の先輩にあたるウイングバックの宇賀神。その“流経大ホットライン”から生まれた渾身のゴールとなった。
 
「自分はしっかりゴール前に詰めておこうと思った。そこにボールが来たので、ヘッドで合わせた。まあ、(宇賀神の)ナイスパスだったことにしましょう」

 そう笑った武藤だが、この勝利はチームに大きな意味をもたらすと実感している。次のように確かな手応えを得ていた。

「一丸となって掴んだ勝利なので、最高に嬉しかった。(前回大会覇者に勝ったことで)チャンピオンになれる力があると証明できた」
 
【ACL PHOTOハイライト】武藤がアジア王者相手に決勝点! 
【関連記事】
【浦和】広州恒大を撃破。“10年に一度の好ゲーム”ペトロヴィッチ監督は絶賛。ターニングポイントとなったのは――
【ACL採点&寸評】浦和 1-0 広州恒大|遠藤がJ・マルチネスを抑え、関根がサイドを制圧。リオ五輪世代コンビが“突き抜ける”プレーを見せ、アジア王者との痺れる熱戦を制す!
【浦和】広州打倒! 「本物」のサポーターの熱が勝利を呼び込む
【浦和】シドニー移籍を警戒!? 新エースナンバー「9」武藤雄樹が決めた先制ゴールと3つの収穫
【今日の誕生日】4月6日/攻守で決定的な仕事を果たす“浦和のバッファロー”――森脇良太(浦和)
【ACL】浦和がアジア王者を下して2位浮上! 広島は次節の山東魯能戦が正念場に

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ