• トップ
  • ニュース一覧
  • CLで悪夢の逆転負けも…バルサ会長はシャビに続投を説得? 退任の場合は黄金期に所属したOBが有力候補か

CLで悪夢の逆転負けも…バルサ会長はシャビに続投を説得? 退任の場合は黄金期に所属したOBが有力候補か

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2024年04月19日

退任発表後は負けなしを続けていたが…

今シーズン限りでの退任を表明しているシャビ監督。会長の説得に応じる可能性はあるか。(C)Getty Images

画像を見る

 去る1月27日、バルセロナのシャビ監督が今シーズン限りでの退任を表明した。ラ・リーガ22節のビジャレアル戦に3-5で敗れた試合後の声明だったが、この発表以降チームは調子を上げ、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝・第1レグのパリ・サンジェルマン(3-2)まで、公式戦12試合負けなし(9勝3分け)を続けたのだ。

 しかし、4月16日のCL準々決勝・第2レグ、パリSGにホームで先制しながら、ロナルド・アラウホの一発退場で数的不利になった影響もあり、悪夢の逆転負けでベスト4進出を逃した。

 試合中には審判への抗議で退席処分となったシャビ。タイトルの可能性が残されているラ・リーガも、首位レアル・マドリーに勝点8差をつけられていて、無冠に終わる可能性が高くなっている。

 しかし、バルサのジョアン・ラポルタ会長は、指揮官の続投を希望しているようだ。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

【動画】逆転負けの引き金となったバルサDFの痛恨レッド

 これまでもシャビの続投を希望する発言を繰り返してきたラポルタ会長は、少なくとも現行契約が満了する25年6月まではチームに留まってほしいと考えていて、退任を撤回するよう説得するつもりのようだ。

 ただ、記事ではシャビの退任の意思は固いとしていて、後任候補にも言及している。有力なオプションとして紹介しているのが、ラファエル・マルケスだ。バルサの選手として242試合に出場し、11ものタイトル獲得に貢献した元CBは、現在Bチームの監督を務めている。

 バルサBは現在、スペイン3部リーグで2位と躍進していて、マルケスの評価も上がっている。財政難のバルサにとっては、外部から新監督を招聘するよりも資金を抑えられるため、有力な候補のひとりになることは間違いない。

 とはいえ、バルサは4月21日のマドリーとのエル・クラシコで勝利すれば、逆転優勝への望みもわずかに残るだろう。宿敵撃破となれば、シャビも進退について考え直すかもしれない。チームの将来を左右する大一番となりそうだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【記事】「スペースを埋めろよ!」冨安健洋を伝説OBアンリが痛烈批判。アーセナル失点時の“ザネ集中”を酷評「彼はどうやって得点するんだ?」

【記事】「タケは大きな進化を見せている」ソシエダ主将が久保建英を語る。アジア杯離脱、移籍、人間性...「まず驚いたのは――」【インタビュー】
 
【関連記事】
「恩知らず」「お前が大嫌いだ」MOM獲得のデンベレにバルサファンが憤慨!「フィーゴ以来の裏切り者だ」
「確信がなければチャレンジすべきではない」ギュンドアンが逆転負けを引き起こした同僚DFの退場に苦言「まだ失点したほうがマシだった」
「スペースを埋めろよ!」冨安健洋を伝説OBアンリが痛烈批判。アーセナル失点時の“ザネ集中”を酷評「彼はどうやって得点するんだ?」
「バカバカしい」元英代表レジェンドがバルサDFの軽率なPK献上に苦言!「まるで経験の浅い若手のようだ」
「クボは素晴らしい」バルサの天才MFペドリが久保建英を絶賛!「彼のユニホームは家に保管してあるんだ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ